ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

アブラガニ

網走のおさかな図鑑 ~アブラガニ~

◆標準和名:アブラガニ(十脚目タラバガニ科)
◆漢字:油蟹
◆学名:Paralithodes platypus
◆英名:blue king crab
◆地方名:アオガニ

アブラガニの写真

形態

名前に「カニ」とありますが、ヤドカリの仲間に分類されます。形態がよく似ているタラバガニよりは小型で、甲殻の幅は20cmほどですが、爪はタラバガニと比べると長いのが特徴です。また、甲殻表面の心域(甲殻のH字模様の下側の部分)に4個のとげ状突起があり、6個のタラバガニと区別することができます。ただし、まれに5~6個の突起を持つアブラガニもいます。
生体の体色は青みを帯びており、「アオガニ」の別名もここからきています。ちなみに、標準和名「アブラガニ」の由来は、甲殻の表面に油を塗ったような光沢があるからという説や、カニみそが脂っこいからという説などがあります。

生態

日本海、オホーツク海、ベーリング海沿岸域に分布しており、特にベーリング海北部に多く生息しています。生息水深はタラバガニと同じく30~360mあたりと言われていますが、分布域はタラバガニよりもやや深く、より低水温を好みます。

その他

アブラガニはタラバガニと一緒に「かに固定式刺網」という漁法で漁獲されています。形はタラバガニとよく似ており、味も素人ではタラバガニとの区別がつかないほど美味しいカニです。値段はタラバガニと比べると安いので、食べるにはお得なカニと言えます。

アブラガニの写真2




前ページへ>   水産を学ぼう(上級)TOPに戻る   <次ページへ


  • 関連ページリンク

「流氷の贈り物 網走のカニ」のページ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.