ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

ワカサギ

網走のおさかな図鑑 ~ワカサギ~

◆標準和名:ワカサギ(サケ目キュウリウオ科)
◆漢字:公魚
◆学名:Hypomesus nipponensis
◆英名:wakasagi、Japanese smelt
◆地方名:チカ

ワカサギの写真1

形態

体は細長く、脂びれ(背びれの後方にあるひれで、キュウリウオ科、シラウオ科、サケ科などにあります。)を持っています。背中は淡褐色または黄緑色で、腹部は銀白色をしており、チカやイシカリワカサギとよく似ています。通常は体長10cmに成長しますが、地域によっては16cmに達するものもあります。

ワカサギの写真2

生態

日本、沿海地方、サハリン、千島列島などに分布しており、国内の原産地(もともと自然に生息していた場所)は石狩川、網走湖、小川原湖、八郎潟、宍道湖、霞ヶ浦などを中心に、日本海側は島根県以北、太平洋側は千葉県以北の湖や川、及び北海道各地の湖や川となっています。ワカサギが自然分布する湖や川はいずれも、かつて、あるいは現在も海とつながっています。
しかし、ワカサギは水温、塩分の適応範囲が広く、濁りにも強いため、全国各地の河川、湖沼及びダム湖等に移殖されて繁殖しており、移殖地を含めた分布の南限は鹿児島県です。阿寒湖、大沼、洞爺湖などにはもともとワカサギはいませんでしたが、網走湖や濤沸(とうふつ)湖から卵が移植されて新しい漁業資源となりました。
ワカサギは本来、河川でふ化した後に海で成長し、再び産卵のために河川に上る魚(遡河回遊魚)ですが、海との往来が困難な湖に移殖されたものは、湖の中だけで一生を過ごします。このほか、湖と海の間を行き来する生態も網走湖や濤沸湖、小川原湖で知られています。さらに、これらの湖の中でも、湖と海を行き来する降海型と湖内で一生を過ごす湖内残留型の2つの生活様式があります。

ワカサギの生活史解説図

産卵の盛期は北海道では4月上旬~6月上旬で、水温は約6℃、抱卵数は概ね体重(g)を1千倍した数になります。
成熟魚は夜間に湖に流入する川に上って産卵しますが、遡上開始はメスよりオスのほうが早く、雌雄ともに大型個体のほうが早くなっています。メスはひと晩で放卵後、夜明け前に川を下るのに対し、オスは産卵場所にとどまって、長期間にわたって繁殖に参加します。放精後にいったん川を下っても、新たに遡上してきたメスを追って、再び遡上するオスもいます。このため、産卵場では産卵期の初めにはオスの割合が高く、次第にメスの割合が増加しますが、終わりには再びオスの割合が高くなります。産卵に適した場所は、比較的流速が遅く、粒径約0.4~2mmの砂れきがある川底や水草の根元などです。
受精卵は直径約1mmの付着沈性卵(水中で沈む沈性卵のうち、粘着層や粘着膜などにより卵同士あるいは石や植物などの基質に付着するもの。)で、受精からふ化までの日数は水温が低いほど長くなり、水温15℃で12日、7℃で38日です。
多くはふ化後満1年で体長10cmほどになり、成熟、産卵して死にますが、湖によっては2年目、3年目まで生きるものもあります。網走湖では1年目で6~7cmに達しないものは満1年で成熟しませんが、阿寒湖では満2年、体長12cm初めて成熟するなど、成長は湖や年によっても異なります。(ワカサギの成長に大きく関係するのは生息密度であることが知られており、生息密度が高いと成長が遅くなり、体が小さくなる傾向があります。)

石に付着した受精卵の写真

ワカサギはふ化後、卵黄のうから栄養をとって仔魚前期を過ごしますが、卵黄のうはふ化後4日ほどで消失するため、この頃から体をS字にくねらせて餌に食いつくようになります。この時期の重要な餌はワムシ類やカイアシ類のノープリウス幼生ですが、成長するにしたがってより大きな餌をとるようになり、体長10mm以上になると、カイアシ類やミジンコ類などの甲殻類プランクトンを食べるようになります。稚魚になるともっぱらカイアシ類やミジンコ類などを餌とするようになり、湖によってはユスリカの幼虫やさなぎ、成虫も餌とします。また、海に降りたワカサギも沿岸性のカイアシ類を主な餌としています

ワカサギ仔魚の写真

その他

ワカサギの漁業は、漁獲に適した大きさに達したときに行なわれる秋漁と、産卵群を獲る春漁が一般的ですが、網走湖では秋漁(ひき網漁)と、冬季に結氷した湖に穴を開けて氷の下で網をひく氷下漁が行なわれており、冬の風物詩となっています。また、呼人(よびと)浦では結氷した湖面にドリルで丸い穴を開けて行なう氷上釣りを楽しむこともでき、どちらも冬の風物詩となっています。

ワカサギ氷下漁の様子

その他2

ワカサギとチカはとてもよく似ており、違いを知らないと見分けるのはなかなか難しいものがあります。ワカサギとチカでまず違うのは、チカのほうが大きくなるということです。しかし、ワカサギも大きいものでは十数センチにまで成長するので、これだけではワカサギとチカを完全に見分けることはできません。
また、ワカサギは一生のうちに海水・汽水・淡水のすべてで生活するのに対し、チカは淡水には入らず一生を海水で生活するという違いもあります。この違いによって、淡水の場所であれば、チカではなくワカサギだということがすぐに分かりますが、海では見分けることができず、これも完全ではありません。
それでは、素人が見てもわかる一番の見分け方はどんなものでしょうか。それは、背びれと腹びれの位置関係です。ワカサギは背びれの起点よりも腹びれの起点が前なのに対し、チカは背びれの起点よりも腹びれの起点が後ろにあります。つまり、ワカサギは腹びれが前、チカは背びれが前ということを覚えておけば、ワカサギとチカを容易に見分けることができます。

ワカサギのイラスト




前ページへ>   水産を学ぼう(上級)TOPに戻る   <次ページへ


  • 関連ページリンク

「活き粋き7珍」のページ

「ワカサギ」のページ

「ワカサギの人工孵化」のページ

「ワカサギ漁業の資源管理(網走湖)」のページ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.