ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

カラフトマス

網走のおさかな図鑑 ~カラフトマス~

◆標準和名:カラフトマス(サケ目サケ科)
◆漢字:樺太鱒
◆学名:Oncorhynchus gorbuscha
◆英名:pink salmon、humpback salmon
◆地方名:アオマス、セッパリ(マス) ほか多数

カラフトマスの写真

形態

背中は濃青色から青緑色、側面は銀白色、腹部は白色をしており、背中、尾びれ、脂びれに大きな黒点がありますが、特に尾びれの黒点は楕円形で大きくなっています。産卵期は体色が赤紫色が混じった茶色に変わり、体型についてもオスは背中の前方が盛り上がって「背張り(セッパリ)鱒」になりますが、メスは性成熟しても体型は変わりません。
また、成魚の体長は45~60cm、体重1.0~2.5kgになります。

生態

北緯36度以北の太平洋、ベーリング海、オホーツク海、日本海と北極海の一部に分布しています。国内で遡上する河川は北海道のオホーツク海、根室海峡、太平洋と北海道北部の日本海に注ぐ河川に遡上しますが、数が多いのはオホーツク海と根室海峡です。
北海道で生れたカラフトマスは、北海道から2,000km以上離れた東経175度付近まで回遊すると考えられています。海でひと冬を越した成魚は、8~10月に北海道の河川に遡上し、9~10月に主に中・下流域で産卵が行われます。
卵は受精からの積算水温が400~500℃になるとふ化し、4~5月には体長3cmほどの稚魚となって川底から抜け出し泳ぎ始めます。稚魚は浮上すると、ほとんど餌をとらずにすぐに川を下り、ひと晩から数日で海に出ます。
海でははじめ、岸のごく近くにとどまって小型のカイアシ類を餌とし、その後しばらくはカイアシ類やヨコエビ類などを餌として沿岸域で生活しますが、成長とともに沖合域へと移動します。沖合域ではオキアミ類、ヨコエビ類、カイアシ類、魚類、イカ類などを餌としています。
海洋で約1年を過ごし、体長45~60cmに成長したカラフトマスは、産卵のために母川(生れた川)へと向かいますが、カラフトマスが母川に戻る習性は、ほかのサケ・マス類ほど強くないと言われています。

その他

カラフトマスはすべて満2歳で成熟するため、すべての魚がふ化から2年目に回帰します。このため、偶数年と奇数年に回帰する群には交流がなく、アジア側のカラフトマス回帰量には、西暦が奇数の年には多く、偶数の年には少ないという現象が続いていました。しかし、北海道では1992年以降にこの関係が逆転しましたが、近年は再び関係が逆転し、奇数年に回帰量が多く、偶数年は少ないという関係に戻っています。カラフトマスの話をすると、今年は豊漁年だとか不漁年だという言葉が聞かれるのはこのためです。

カラフトマスのイラスト




前ページへ>   水産を学ぼう(上級)TOPに戻る   <次ページへ


  • 関連ページリンク

「活き粋き7珍」のページ

「カラフトマス」のページ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.