ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

キンキ

網走のおさかな図鑑 ~キンキ~

◆標準和名:キチジ(カサゴ目フカサゴ科)
◆漢字:喜知次、吉次
◆学名:Sebastolobus macrochir
◆英名:kichiji rockfish、bighand thornyhead
◆地方名:キンキ、メンメ ほか多数

キンキの写真

形態

体は長卵形で側偏(左右から押しつぶしたような形)します。頭部に強く鋭い棘(きょく=硬くトゲ状をなす部位)を持ちます。体色は鮮やかな赤色をしており、背びれの一部に大きい黒色の斑点があるという特徴があります。

生態

日本では駿河湾以北の本州、北海道及び千島の太平洋側、オホーツク海沿岸に生息し、日本海側には生息していません。日本以外では、ベーリング海やカムチャッカ水域にも分布しています。水深150~1,200mの大陸棚斜面に生息し、小型魚は浅いところに、大型魚は深いところに多く分布しますが、特に小型のものは堆や海丘など、特定の水域に集まる傾向があります。
産卵期は北海道周辺では2~5月、卵はやや楕円形で、長径1.2~1.3mm、短径1.1~1.2mmです。卵はゼラチン質に包まれ、長さ35cm、幅6.5cmの長楕円形の卵塊となり、海中を浮遊しています。

その他

網走でのキンキの漁獲量は1975年の1,339トンをピークに急激に減少し、2008年には139トンとピーク時の10分の1にまで減少しています。北海道全体の漁獲量も減少していることに加え、太平洋側では漁獲量の急激な減少に伴って魚体が小さくなっており、資源の減少が懸念されています。

キンキのイラスト




前ページへ>   水産を学ぼう(上級)TOPに戻る   <次ページへ


  • 関連ページリンク

「活き粋き7珍」のページ

「キンキ」のページ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.