ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かな自然にひと・もの・まちが輝く健康都市 Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

平成元年~平成20年

写真でみる網走の水産 ~平成元年から平成20年~

平成元年~平成20年の写真1

<撮影時期>平成元年11月
<解説>南2条東3丁目。旧網走漁業協同組合1階の魚菜市場。秋サケなどの水産物の即売会。


平成元年~平成20年の写真2

<撮影時期>平成元年12月
<解説>セントラルホテル。藻琴湖産カキ貝とドナルドソンの養殖報告と試食会、水産物のパーシャルフリージングの解説。


平成元年~平成20年の写真3

<撮影時期>平成元年
<解説>南2条東1丁目付近。左側中央付近に石栗商店、突き当りが網走漁業協同組合で2条通りは終点となっていた。


平成元年~平成20年の写真4

<撮影時期>平成元年
<解説>南2条東2丁目。「遠藤漁業部」と「石丸医院(現在はセブンイレブン)」。


平成元年~平成20年の写真5

<撮影時期>平成元年
<解説>南2条東2丁目付近。中央が2条通りの拡張工事により解体されることになった遠藤漁業部の土蔵。


平成元年~平成20年の写真6

<撮影時期>平成元年
<解説>南2条東2丁目。旧網走漁業協同組合事務所裏手で南2条通りは行き止まり。かつての北通り1丁目の始点。


平成元年~平成20年の写真7

<撮影時期>平成元年
<解説>南2条東3丁目。旧網走漁業協同組合事務所と、右端にはバスを改造した「移動食堂車」。


平成元年~平成20年の写真8

<撮影時期>平成元年
<解説>南3条通り東方向。突き当たりは「旧日本水難救済会網走救難所」。


平成元年~平成20年の写真9

<撮影時期>平成元年
<解説>網走川河口右岸、旧網走漁業協同組合向い。「七福浜支店」があった。


平成元年~平成20年の写真10

<撮影時期>平成元年
<解説>網走橋下流、河口部左岸。旧海軍ドック周辺には、築港工事関係の作業船が係留されている。


平成元年~平成20年の写真11

<撮影時期>平成元年
<解説>網走川左岸、中央橋付近。水産加工場は移転し、河畔公園が作られた。


平成元年~平成20年の写真12

<撮影時期>平成2年4月
<解説>網走川河口右岸。旧網走漁業協同組合事務所前に係留された、休漁日の沖合底曳船。


平成元年~平成20年の写真13

<撮影時期>平成2年12月
<解説>4条通り十字街。網走漁業協同組合が藻琴湖産カキ貝の即売会を実施。


平成元年~平成20年の写真14

撮影時期:平成3年4月
解説:浦士別川河口。網走漁業協同組合北浜支部が浦士別川河口でワカサギの採卵・受精作業を行なっている様子。


平成元年~平成20年の写真15

<撮影時期>平成4年4月
<解説>港湾拡張工事でポンモイ湾の埋め立て工事が進む。


平成元年~平成20年の写真16

<撮影時期>平成4年5月
<解説>旧網走漁業協同組合事務所と左端は「七福浜支店」


平成元年~平成20年の写真17

<撮影時期>平成4年7月
<解説>網走川河口右岸、旧網走漁業協同組合前。魚揚場の鉄傘下での「刺網はずし作業」の様子。


平成元年~平成20年の写真18

<撮影時期>平成4年7月
<解説>網走川河口右岸、旧網走漁業協同組合前。魚揚場の鉄傘下での「刺網はずし作業」の様子。


平成元年~平成20年の写真19

<撮影時期>平成4年7月
<解説>網走川右岸より。新造船の進水式(花田漁業部「第二十八さと丸」)。


平成元年~平成20年の写真20

<撮影時期>平成4年12月
<解説>網走川右岸岸壁にあった、網走漁業協同組合の「漁船船尾吊上げ装置」。昭和39年に造られ、平成5年まで使用されていた。平成20年4月の河岸拡張工事の際に撤去された。


平成元年~平成20年の写真21

<撮影時期>平成5年7月
<解説>二つ岩。「網走鮭定置網 網走発祥の地の碑」完成式典。


平成元年~平成20年の写真22

<撮影時期>平成6年6月
<解説>商工埠頭。市営第1号上屋に設置された網走漁業協同組合保税蔵置場で、輸入活タラバガニの初入札。


平成元年~平成20年の写真23

<撮影時期>平成7年11月
<解説>網走川左岸、旧鎌田水産加工場。現在はエコーセンター第2駐車場となっている。




前ページへ>   水産を学ぼう(上級)TOPに戻る   <次ページへ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.