ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

サケの水揚げ

サケの水揚げ・出荷

放流後3~5年経つと、サケは生まれた川に戻ってきます。これらのサケは沿岸に仕掛けられた定置網で漁獲され、網走港に水揚げされます。(網走漁協では、サケに限らず下記のような徹底した鮮度管理が行われています。)

サケ定置網漁船の写真

入港するサケ定置網漁船

(午前5時過ぎ)
定置網に入った魚を引き上げた船が港に帰ってきます。船底にある船倉には、とてもたくさんのサケが入れられています。(サケの鮮度を保つため、船倉にはあらかじめ、冷却滅菌海水と滅菌海水氷が入れられています。)

港に着いた船からサケが降ろされます。サケは船に備え付けられたクレーンで陸にあげられていきます。

サケ水揚げの様子

サケ水揚げの様子2

サケ水揚げの様子3

船から降ろされたサケは、分別用の台の上に乗せられ、A級やB級などの等級ごとに分別、さらにオスとメスとに分けられて、専用のステンレスタンクに入れられます。

サケの分別の様子

サケの分別の様子2

分別後のサケをフォークリフトで運んでいる様子

サケはステンレスタンクごとフォークリフトで運ばれ、滅菌処理をした海水(冷却滅菌海水)の入っている別のステンレスタンクに移されます。ここに、さらに滅菌海水で作った滅菌海水氷を入れてシートをかけ、出荷までの間に鮮度が落ちないようにします。

サケの鮮度保持の様子

サケの鮮度保持の様子2

サケの鮮度保持の様子3

サケの鮮度保持の様子4

サケのせりの様子

(午前7時過ぎ)
せりが始まります。先ほど水揚げされたばかりの新鮮なサケが次々とせり落とされていきます。(この日は室内でせりが行なわれました。)

サケの出荷の様子

せり落とされたサケは、せりが終わるとすぐさまトラックに積み込まれて出荷されます。

サケの出荷の様子2




前ページへ>   水産を学ぼう(中級)TOPに戻る   <次ページへ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.