ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かな自然にひと・もの・まちが輝く健康都市 Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

TOP > 教育・文化 > 美術館 > 今年度の展覧会予定

今年度の展覧会予定

2022年度の展覧会予定

2022年(令和4年)は網走市立美術館の開館50周年を記念して3つの特別展開催を予定してします。

状況により変更になることがありますので、最新の情報をご確認ください。

-機械たちの声- 『熊谷文秀 展』

企画展

4月10日(土)~5月8日(日) 終了しました
第2展示室

動く立体作品、彫刻か?オブジェか?親子で楽しめる展覧会です。

-ここから始まる- 『居串佳一 展』

企画展

5月20日(金)~6月12日(日) 終了しました
第2・第3・第4展示室

1972年、居串佳一の遺作38点の寄贈を受けてこの美術館は始まりました。旧制・網走中学(現・網走南ヶ丘高校)時代から44歳の若さで亡くなる晩年までの作品をご覧いただきます。

『第63回北海道書道展網走移動展』

移動展

7月10日(日)~7月24日(日) 終了しました
第1・第2展示室

※今年度、作品解説会・揮毫会はありません。

海洋堂 『エヴァンゲリオン』フィギュアワールド

美術館開館50周年記念特別展

7月30日(土)~9月11日(日) 終了しました
第2展示室

フィギュアは、幼少期より人々の身近なものであるため立体造形の入り口として親子で楽しむことができます。今回のエヴァンゲリオンは海洋堂を代表するフィギュアシリーズで、幅広い層の人々に愛される人気アニメ作品です。箱型ジオラマによる空間演出や照明効果などで、アニメーションの名シーンを再現する新しい形のフィギュア展示をご紹介いたします。

『西洋近代絵画展』

美術館開館50周年記念特別展

10月4日(火)~11月20日(日) 終了しました

日動画廊、笠間日動美術館コレクションより、印象派からエコール・ド・パリまでの『西洋近代絵画展』を開催いたします。
モネ、マティス、セザンヌ、藤田嗣治、ピカソ、ルノアール、シャガールなど、著名な画家たちの油彩や版画作品をご覧いただきます。

『第69回 写真道展網走移動展』

移動展

12月17日(土)~1月15日(日) 予定
第2展示室

道内最大級の写真公募展。自然や観光などのジャンルからの力作を展示いたします。

作品解説会 12月18日(日) 午前11時~12時

-網走美術の草創- 『高橋道雄 展』

企画展

1月21日(土)~2月12日(日) 予定
第2・第3展示室

旧制・網走中学(現・網走南ヶ丘高等学校)第1期生の高橋道雄は美術部『白洋画会』を創部。テニス部員としても活躍したが、卒業後に東京美術学校(現・東京藝術大学)藤島武二の教室でアカデミックな技法を学ぶ。卒業後、富山県魚津、名古屋を拠点とし、光風会や日展で活躍する。その先輩の姿を美術部の後輩は羨望の眼差しで見ていたのでした。

-オホーツクに還る- 『長谷川誠 展』

美術館開館50周年記念特別展

2月25日(土)~3月26日(日) 予定
第1・第2・第3展示室

網走南ヶ丘高校から武蔵野美術大学へ進学した長谷川誠は、日本画の岩絵の具の美しさに魅せられ日本画家への道を志す。美術教師として教壇に立ちながら、個展、グループ展、創画会での公募展や美術館の企画展などで作品を発表していました。
ドイツからトルコ カッパドキアなどの作品を多く描きましたが、父の死をきっかけに故郷・網走に心は還ってゆきました。本年度、寄贈を受け新収蔵の作品を美術館とエコーセンターでご紹介いたします。

お問い合わせ先

網走市立美術館
電話:0152-44-5045/FAX:0152-44-5062

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.