ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かな自然にひと・もの・まちが輝く健康都市 Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

網走市立美術館


網走市立美術館 abashiri museum of art

2022年(令和4年)網走市立美術館は開館50周年を迎えます

≫≫ 2022年度の展覧会の予定

近日開催

『第63回北海道書道展網走移動展』

第63回北海道書道展の網走移動展です。公募作品1,140点、入選・入賞808点(特選51、秀作207、入選550)の道内最大規模の書道公募展です。 網走移動展では、大賞、準大賞、招待作家・会員、物故会員、会員、会友のほか特選、入選併せて114点が展示されます。

 

■会 期
7月10日(日)から7月24日(日)

■開 館
午前10時から午後4時

■会 場
網走市立美術館
第1・第2展示室

■観覧料
高校生以上 200 円
小中学生 100 円

※常設展も観覧できます。
※網走市・斜里町・清里町・小清水町・大空町の小中学生は土曜日無料です。
※7月17日(日)は「道みんの日」で観覧無料です。

■休館日
月曜日・祝日

※7月18日(月)の祝日(海の日)は臨時開館いたします。翌日(火)を振替休館とします。

作品解説会

今回は都合により作品解説会・揮毫会はありません。

只今の常設展  (2022年4月7日展示替え)

居串佳一の世界

  会場:第3展示室・第4展示室

  作品:油彩画46点 水彩3点

第3展示室

第4展示室

若手アーティスト作品展示事業を行っています。 ≫≫≫

網走市立美術館の歴史

網走市立美術館は、1972年(昭47)、市内の美術収集家・宮川辰雄氏より、網走出身で独立美術協会で活躍した画家・居串佳一の油絵遺作38点の寄贈を受けたことを契機に誕生しました。北海道内で2番目、新築された美術館としては初という歴史を持ちます。現在は居串佳一の作品を中心に、網走ゆかりの作家、オホーツクに主題を求めた作家の作品を収蔵し、地域風土に根ざしたオホーツクの美術館としての特色を発揮しています。また、現代の作家を紹介する多彩な企画展も随時開催し、すぐれた作品に触れる機会も提供しています。

お問い合わせ

網走市立美術館  〒093-0016 北海道網走市南6条西1丁目
TEL:0152-44-5045 FAX:0152-44-5062

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.