ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かな自然にひと・もの・まちが輝く健康都市 Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

鳥類 BIRDS

鳥類

 

オホーツク沿岸部の湖沼は、水鳥などの渡り鳥の飛来地です。なかでも濤沸湖はガン・カモ類が毎年2~3万羽が飛来する渡り鳥の中継地・越冬地として知られています。

春季から秋季にかけてはシギ・チドリ類が飛来するほか、日本以南で越冬するガン・カモ・ハクチョウなどの水鳥が、春秋の渡りの時期に翼を休める場所として利用しています。

旅鳥・渡り鳥とは別にマガモやカワアイサなどのカモ類やオジロワシなどが一年を通して見られ、近年は国の特別天然記念物であるタンチョウの繁殖も確認されています。 また、冬には世界的な希少種であるオオワシの姿も見られ、主要な越冬地の一つとなっています。

このように鳥類の種類・個体数が豊富なのは、エサとなる海草のアマモや小魚などが豊かに存在していること、湖を囲む形で発達しているヨシ原や海岸草原が、繁殖場所、隠れ場所として果たしている役割が大きいことが理由に考えられています。

濤沸湖周辺では250種ほどの鳥類が確認され、このうち水鳥がほぼ半数を占めています。

渡り鳥のタイプ

  • 夏鳥

主に繁殖のために南の地から渡ってきて、繁殖が終わると再び越冬のために南の地方に渡っていく鳥。オオジシギ、コヨシキリ、ノビタキなど。

  • 冬鳥

主に越冬のために北の地から渡ってきて、冬が終わると再び繁殖のために北の地方に渡って行く鳥。オオハクチョウ、オナガガモ、ツグミなど。

  • 旅鳥

北の地方で繁殖し、南の地方で越冬するため、渡りの途中に通過していく鳥。主として移動時期である春と秋に見られる。シギ、チドリなど。

アオサギ
  • コウノトリ目サギ科

    学名:Ardea cinerea

    英名:Heron(Grey heron)

アオサギ

日本で見られるサギ類では最大の一つ。樹上にコロニー(集団営巣地)をつくる。枯草や枯枝など、巣の材料をオスが集め、メスが皿型の巣に整える。 

ヒシクイ(亜種ヒシクイ)
  • カモ目カモ科

    学名:Anser fabalis serrirostris

    英名:Bean goose

ヒシクイ

 絶滅危惧Ⅱ類絶滅危惧Ⅱ類 絶滅危惧種絶滅危惧種  天然記念物

繁殖地のカムチャッカから濤沸湖、能取湖などを経由して宮城県の伊豆沼などで越冬する。植物の葉や茎、種子を食べる。

オオハクチョウ
  • カモ目カモ科

    学名:Cygnus cygnus

    英名:Whooper swan

オオハクチョウ

サハリン、カムチャッカなどで繁殖し濤沸湖では冬鳥として飛来。よく通る声で「コォー」と鳴く。水生植物の茎や根、種子を食べる。 

オカヨシガモ
  • カモ目カモ科

    学名:Anas strepera

    英名:Gadwall

オカヨシガモ

濤沸湖では主に夏鳥として繁殖する。植物の種子や水草の葉や茎、根を食べる。オスには胸に灰色と黒褐色の小さな波模様があり、くちばしは黒で足は黄橙色。 

カワアイサ
  • カモ目カモ科

    学名:Mergus merganser

    英名:Goosander

カワアイサ 

濤沸湖では留鳥。樹洞を利用して繁殖。秋から冬にオスが白い胸を大きく反らす繁殖行動が見られる。大群で小魚を取り囲んで捕食する「追い込み漁」を行う。

オジロワシ
  • タカ目タカ科

    学名:Haliaeetus albicilla

    英名:White-tailed eagle

オジロワシ 

絶滅危惧Ⅰ類絶滅危惧種

種の保存法国内希少野生動物種

オオワシよりやや小さい。濤沸湖では一年中見られる留鳥で繁殖もしている。アイヌ名はオンネウ(老大な・ものの意)。

オオワシ
  • タカ目タカ科

    学名:Haliaeetus pelagicus pelagic

    英名: Steller's Sea Eagle

オオワシ

絶滅危惧Ⅱ類絶滅危惧種

 世界最大級のワシ。翼開長は2~2.5m程になる。濤沸湖には冬鳥として飛来。アイヌ名はパッチリ・カムイ(ワシ・神の意)。

チュウヒ
  • タカ目タカ科

    学名:Circus spilonotus

    英名:Eastern marsh harrier

 

絶滅危惧Ⅱ類  絶滅危惧種

トビに似るが飛んでいるときは翼がV字型。雑食性で主にネズミ類を捕食するほか、鳥類、両性・は虫類、魚類なども捕食する。地上付近を低空飛行し獲物を探す。

タンチョウツル
  • ツル目ツル科

    学名:Grus japonesis

    英名:Japanese crane

 

 絶滅危惧Ⅱ類   絶滅危惧種
特別天然記念物

国内で北海道東部を中心に生息。濤沸湖では基本的に夏鳥だが越冬例もある。明治以前は冬になると東京付近でも見られた。

ホウロクシギ
  • チドリ目シギ科

    学名:Numenius madagascariensis

    英名:Far eastern curlew

ホウロクシギ 

 絶滅危惧Ⅱ類  希少種

くちばしが下に湾曲した大型のシギ。濤沸湖では旅鳥。名前にある「ホウロク」は体色が焙烙(ほうろく:素焼きの土鍋)に似た褐色であるため。

オオジシギ
  • チドリ目シギ科

    学名:Gallinago hardwickii

    英名:Latham's snipe

オオジシギ

準絶滅危惧   希少種

繁殖地は世界でも北海道周辺のみ。繁殖後オーストラリアまで渡り、翌春、繁殖のために再渡来。オスは求愛行動で「ゴゴゴゴォ...」という羽音とともに急降下する。

ユリカモメ
  • チドリ目カモメ科

    学名:Larus ridibundus

    英名:Black-headed gull

ユリカモメ 

濤沸湖では主に冬鳥だが、夏も少数見られる。水中にダイビングしたり、くちばしを開け水面につけながら魚を捕ったり、泥地、草地で足を使って餌(えさ)を追い立てたりする。

コアカゲラ
  • キツツキ目キツツキ科

    学名:Dendrocopos minor

    英名:Lesser spotted woodpecker

コアカゲラ

希少種

アカゲラに似るがずっと小さい。背と翼は黒と白のまだら模様。オスは頭頂部が赤く、メスは赤くならない。道内では、主に道東で観察される。

ノビタキ
  • スズメ目ツグミ科

    学名:Saxicola torquata

    英名:Stonechat

ノビタキ

濤沸湖では夏鳥。北海道では海岸草原、河川敷、農耕地、牧草地、湿原でごく普通に見られる。飛んでいる虫を捕らえる「フライングキャッチ」をする。 

コヨシキリ
  • スズメ目ウグイズ科

    学名:Acrocephalus bistrigiceps

    英名:Black-browed reed-warbler

コヨシキリ

スズメほどの大きさで褐色の地味な色。目立つところにとまり、「ジッキリリ、キリキリピッ、ギョッ、ピピピ」とさえずるので観察は容易。繁殖期は夜間も鳴く。 

オオジュリン
  • スズメ目ホオジロ科

    学名:Emberiza schoeniclus

    英名:Reed bunting

オオジュリン

濤沸湖では夏鳥。日本では、北海道と東北の一部で繁殖する。オスの夏羽は、頭部が黒く、のどとの間に白い線があるのでよく目立つ。

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.