ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

各漁港施設

能取(のとろ)漁港(第4種)

漁港指定 昭和44年1月11日
管理指定 昭和44年2月28日
漁港管理者 北海道
二見ヶ岡(ふたみがおか)地区

係留施設:-6m及び-4m岸壁、プレジャーボート用斜路30m(船揚場の傾斜については、縦1メートルにつき横8メートルの傾斜となっており、角度は約7.1度です。)

当地区は、漁船以外の船舶が利用できる漁港として、遊漁の船舶基地として多く利用されております。
施設の使用については、使用できる漁港施設斜路の利用申請使用料注意事項のページをご覧下さい。
また、斜路近傍にボート保管設備(ボートヤード)を設置しております。
使用方法についてはボートヤード使用申請のページをご覧下さい。

また、漁港背後地には、海洋レクリエーション施設「レイクサイドパーク・のとろ」が平成14年6月より供用開始となり、漁港と一体となった利用がされています。

卯原内(うばらない)地区

係留施設:-2m物揚場

卯原内地区、能取地区の両地区は、能取湖の内水面漁業基地として、ホタテ稚貝・ホタテ・北海エビなど年間10億円近くの水揚げがあります。

能取(のとり)地区

係留施設:-2m物揚場

鱒浦(ますうら)漁港(第1種)

漁港指定 昭和26年6月29日
管理指定 昭和30年4月14日
漁港管理者 北海道

係留施設:-4m岸壁、船揚場斜路

当漁港は、主としてサケ定置・かに刺網などで利用されており、斜路の一部(1ヶ月間)はプレジャーボート等による斜路の利用が認められています。
使用できる漁港施設斜路の利用申請使用料注意事項のページをご覧下さい。

呼人(よびと)漁港(第1種)

漁港指定 昭和57年10月8日
管理指定 昭和58年1月8日
漁港管理者 北海道

-2m係留施設及び-2.5m物揚場

シジミ・ワカサギ・シラウオの水揚げは道内一を誇り、網走湖の内水面漁業基地として利用されています。

お問い合わせ先

水産漁港課 漁業振興係
電話:0152-44-6111(内線247・345)

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市ホームページについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.