ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

TOP > 上水道 > 井戸水について > 飲用井戸等の水質検査について ~ 定期検査 ~

飲用井戸等の水質検査について ~ 定期検査 ~

定期検査項目

1)一般細菌
【基準値】1mLの検水で形成される集落数が100以下であること。
水の一般的清浄度を示す指標です。これが著しく増加した場合には、し尿、下水、排水等による病原生物に汚染されている疑いがあります。一般的には、塩素消毒によりほとんどの菌が死滅します。
2)大腸菌
【基準値】検出されないこと。
水系感染症の主な病原菌は、人や動物の糞便に由来しており、大腸菌が検出された場合には、病原生物に汚染されている疑いがあります。一般的には、塩素消毒によりほとんどの菌が死滅します。
3)亜硝酸態窒素
【基準値】0.04mg/L以下であること。
窒素肥料、腐敗した動植物、生活排水などに含まれる窒素化合物が、水や土の中で変化して、この物質になります。高濃度に含まれると、幼児にメトヘモグロビン血症(チアノーゼ症)を起こすことがあります。
4)硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素
【基準値】10mg/L以下であること。
硝酸態窒素は種々の窒素化合物が酸化されて生じた最終生成物で富栄養化の原因にもなり、あらゆる場所の土壌、水、植物中に広く、かつ相当量存在します。一般に地表水では少なく、地下水では浅層水に多く溶存し、深層水では少ない傾向があります。亜硝酸態窒素は上記3)で説明のとおり。基準値は、二つの合計です。
5)鉄及びその化合物
【基準値】鉄の量に関して、0.3mg/L以下であること。
水道管の亜鉛メッキ鋼管から溶け出すことがあります。高濃度に含まれると異臭味や赤水となり、洗濯物を着色する原因となります。
6)塩化物イオン
【基準値】200mg/L以下であること。
基準値を超えると、塩味を感じるようになります。また、金属を腐食させる原因となります。自然水中に含まれます。多くは地質に由来し、水道水中の塩素イオンは、凝集剤、消毒剤の使用により増加します。
7)有機物等(全有機炭素(TOC)の量)
【基準値】3mg/L以下であること。
水中に存在する有機物の炭素を、有機炭素または全有機炭素(TOC)といい、水中の有機物濃度を推定する指標として用いられます。下水、し尿、汚水等を多く含む水の混入、汚染プランクトン類の繁殖が疑われます。
8)pH値
【基準値】5.8以上8.6以下であること。
水の酸性やアルカリ性の程度を示す指標で、7が中性。7より小さいほど酸性が強く、7より大きいほどアルカリ性が強くなります。地下水は、二酸化炭素が多く含まれているので、微酸性のことが多く、配管やポンプが錆びやすい傾向があります。
9)味
【基準値】異常でないこと。
水の味は、地質、化学薬品などの混入や、藻類等微生物の繁殖によるもののほか、配管の腐食などに起因することがあります。
10)臭気
【基準値】異常でないこと。
水の臭気は、藻類等や、放線菌等によるカビ臭物質、フェノールなどの有機化合物が原因とされています。水の塩素処理によるカルキ臭、水道管の内面塗装剤に由来することもあります。
11)色度
【基準値】5度以下であること。
水の色の程度を数値で示すもの。色の原因は、主にフミン質と呼ばれる植物等が微生物により分解された有機高分子化合物や、鉄やマンガン等の金属類です。赤水は鉄、黒水はマンガン、青水は銅が原因とされています。
12)濁度
【基準値】2度以下であること。
水の濁りの程度を数値で示すもの。濁りの原因は、主に管内のサビや堆積物が流出した微粒子で、粘土性物質、鉄サビ、有機物質などです。給水栓水の濁りは、配・給水施設や、管の異常を示します。

※ 上記12項目に加えて、トリクロロエチレン等その他水質基準項目のうち周辺の水質検査結果等から判断して必要となる項目についても検査してください。

お問い合わせ先

上水道課 上水道係
電話:0152-44-6111(内線413)

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.