ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

TOP > 教育・文化 > 美術館 > 美術館日記 > 2015 美術館日記

2015 美術館日記

9月5日(土) 阿部典英展オープン・ギャラリートーク開催

NHK北見放送局の方が取材に来て下さいました。

素描の解説からギャラリートークがスタートしました。

陸の空間です。阿部先生の力のこもった解説が続きます。

皆さん熱心に解説を聞いていました。

老若男女、どなたでも楽しめる素敵な空間になっております。どうぞご観覧ください。

9月4日(木) 展示作業も佳境に入りました

第1展示室は素描で埋め尽くされます。

第2展示室のうち影→陸、山谷を表すゾーンです。

第2展示室のうち漂→海、漂流を表すゾーンです。

第3展示室のうち生→苦楽、死を表すゾーンです。

明日5日(土)10時から阿部典英先生のギャラリートークです!

9月3日(木) 阿部典英展 開催に向けて準備中

 明日も展示作業が続きます。オープンは5日(土)なので、もう少々お待ち下さい。

まだ梱包された状態です。

徐々に形になってきました。

木枠に表板をネジで留めていきます。

作家の阿部典英先生自ら作業なさっています。

8月5日(水) 朝顔開花

既に暑い日が続いていますが、花壇の朝顔が咲き、夏がやって来た実感が改めて湧きました。

葉は繁っていますが、花はまだ咲き始めです。

たくさん花開くことを願っています。

■ 第56回北海道書道展 網走移動展

   作品解説会・揮毫会

■作品解説会 7月25日(日)AM10:00~

講師に本間太洲先生を迎え解説会・揮毫会が行われました。
写真は大賞・準大賞作品を開設する本間先生。

解説の後、観覧者の前で揮毫をする本間先生。

本日最後のお客さん

時間を忘れ作品に魅入っていました。

 

 

6月26日(金) 中川裕孝展・展示作業

6月26日(金)、はるばる京都から本展作家・中川裕孝さん(京都精華大学准教授)にお越しいただき、展示指導をしていただきました。展示作業(の一部)をご紹介します。

なお、展覧会は既に開催中ですので、多くの皆様のお越しをお待ちしております。

作品をガンタッカ―で固定しています。

展示完成まであと一息のところです。

中川先生、ありがとうございました。

5月30日(土) 花ざかりの庭とこれから

 

今日ただ今の気温は29.0℃。

前庭のつつじが満開、燃えるように咲き誇っています。その存在感に、庭の彫刻たちも押され気味です。

さて、当館では今年も花壇に花を植えました。写真の花は、マリーゴールドと金魚草です。奥の湿っているあたりには朝顔の種を蒔きました。その種、なんと前々任者がこの花壇で育てた花から採取したものです。うまく引き継げるか?! 乞うご期待です。

市内の幼稚園や小学校が団体鑑賞に来館しました。

市内の若葉幼稚園の園児がやってきました。

市内の網走市立南小学校の児童が鑑賞授業に訪れました。

ワークショップ『大きな画面に描いてみよう』5/5こどもの日

150cm×240cmの大きな紙に思い思いの作品を描いていきます。

とても丁寧に描かれていきます。画材はクレパスやクレヨン、水彩絵の具やアクリル絵の具です。

4月11日(土) 感謝申し上げます

 今日は大勢のお客様がいらして下さいました。皆様学芸員の解説を熱心に聞いておられ、終始和やかな様子でした。

  第3展示室

第4展示室                  

 

     

 

 

所蔵作品展  4月4日(土)~30(木) 場所:第1展示室・第2展示室

 今年度初めの企画展は当館所蔵作品から、選りすぐりのものを公開します。陶磁器や木彫、屏風や掛け軸、インドの民俗画など、絵画の所蔵が多い当館のイメージとは少し異なる展示品をお楽しみください。

   第1展示室 入口付近の作品です。

 ソフィーの世界より「WHO」(諸留 大穹)

  左の作品は絵画ではなく書で、「WHO」と書いてあります。

 

       

 黒蕨 壮の作品群(黒蕨 壮)                     辛夷枝文瑠釉花瓶(山岡 三秋)

  精巧に作られた木彫です。                       描かれているのはこぶしの花です。

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市ホームページについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.