ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かな自然にひと・もの・まちが輝く健康都市 Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

網走市立美術館

施設ご案内ボタン カレンダーボタン 常設展ボタン 企画展ボタン イベント情報ボタン 美術館友の会ボタン 写真日記ボタン

第59回北海道書道展 網走移動展

会 期 7月14日(土)-8月5日(日)

     AM9:00からPM5:00

観覧料 高校生以上200円 小・中学生100円

関連事業 解説会・揮毫会

       日時 7月15日午前10時より

       講師 竹村節子先生(審査部長)

*常設展も観覧できます。

*網走市・大空町の小中学生は土曜日無料

*お車でお越しの際は市民会館駐車場をご利用ください。(有料・美術館利用者は半額)

会期中休館日 7月16日(月・祝)、23日(月)、30日(月)

7月17日(火)は「道みんの日」で無料開放いたします。 

7月15日(日)AM10:00から、作品解説会・揮毫会が開催されました。あいにくの雨天のなか、およそ20名の参加者があり、質問をしたりアドバイスをいただきました。作品の前で解説する竹村節子先生

実際に鑑賞者の前で揮毫する竹村先生

只今の常設展(4月6日から常設展示が変わりました

 

氷上漁業〉居串佳一

〈舞踏服の男〉
菊池精二

〈北の浜辺〉羽生輝

〈N氏の船に乗り〉
平向功一

〈画家とその妻〉松樹路人


網走市立美術館の歴史

網走市立美術館は、昭和47年(1972年)、市内の美術収集家・宮川辰雄氏より、網走出身で独立美術協会で活躍した画家・居串佳一の油絵遺作38点の寄贈を受けたことを契機に誕生しました。北海道内で2番目、新築された美術館としては初という歴史を持ちます。現在は居串佳一の作品を中心に、網走ゆかりの作家、オホーツクに主題を求めた作家の作品を収蔵し、地域風土に根ざしたオホーツクの美術館としての特色を発揮しています。また、現代の作家を紹介する多彩な企画展も随時開催し、すぐれた作品に触れる機会も提供しています。

展覧会情報をご希望の方へ

当館で開催する展覧会等のご案内をご希望の方に差し上げています。
(会費等はかかりません)
お申し込み方法等は当館までお問い合わせください。

お問い合わせ

網走市立美術館  〒093-0016 北海道網走市南6条西1丁目
TEL:0152-44-5045 FAX:0152-44-5062

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.