ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かな自然にひと・もの・まちが輝く健康都市 Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

TOP > 教育・文化 > 社会教育 > 講座・教室のご案内 > 平成22年度 あばしり学

平成22年度 あばしり学

網走の魅力や価値を再発見し、再確認するために、
自然景観や歴史的資源を活用するとともに、文化・産業や観光から学ぶ
「あばしり学」を開講しています。
対象は小学生以上の網走市民または網走が大好きな方。
講座の内容は体験的なものがほとんど。
直接見て、触れて、あばしりを感じましょう!

1講座から選べて小学生以上対象のあばしり学と、
年齢別にあばしりをもっとよく知るあばしり学ファンコースがあります。

あばしり学閉講式のお知らせ

終了した「あばしり学」講座

終了した「あばしり学ファンコース」の活動

定期通信「月刊あばしり学」

あばしり学閉講式
イルガ文様

平成22年度あばしり学が終了します。
閉講式では、5講座以上受講された方の表彰や、今年度のあばしり学講座に関わりのある軽食等を囲みながら交流会を行います。
会場では、今年度の全15講座の活動内容の展示やスライドショー、ファンコースの活動成果の展示、発表なども行いますので、たくさんの方のご来場をお待ちしています。
受講生以外の方で参加を希望される方は下記までお申込みください。

日 時:3/5(土)14:00~16:00
場 所:エコーセンター2階大会議室
参加費:無料
対 象:あばしり学受講生とその家族、その他あばしり学に興味のある方
内 容:閉講式、表彰、交流会
申込・問合先:エコーセンター内社会教育課生涯学習係(43-3705)

終了した「あばしり学」講座
氷像写真

1月21日、2月5、6、8日 4回連続講座「冬限定アート!氷像づくり」講座

氷像作り初めての3人が制作したのは…1匹の金魚と2匹のエンジェルフィッシュ。初めてとは思えない美しいラインのおさかなさんたちができました。みなさんセンスがあります。
氷像作りはまず氷積みから始まります。シバれる港で、素手で触るとくっついてしまう1本130kgの氷を相手に、チェンソーで切って、積んで、水をかけて…
その次に、いよいよ削りです。雪像と違い、間違えて削るとOUTですが、実はこの3体の中で、絶妙なバランスで魚体を支えている氷像が1体あります。魚体を支えるはずの海藻を1本削ってしまったらしいです。なんとか祭り期間中も支えることができてホッとしました。第46回あばしりオホーツク流氷まつりHPで他の氷像の写真を見ることもできます。

雪像とぶとぶピョン写真

1月15、29日、2月5、6日 4回連続講座あばしり学「冬限定アート!雪像づくり」講座

受講生7名と農大ボランティア2名の9名でがんばりました。タイトルは「とぶとぶピョン」。うさぎがジャンボ機に乗っているデザインで、土台の丸い玉は雲をイメージしています。全員が初めての雪像作りでしたが、ほっぺたを赤くしながら、また、差し入れのおやつに癒されながら、楽しく制作することができました。
最終日の雲作りには、様子を見に来てくれていた受講生の保護者や兄弟姉妹も手伝ってくれました。ありがとうございます!
流氷まつり当日は、「とぶとぶピョン」の前で写真を撮影していた観光客の方もいらっしゃいましたよ。
第46回あばしりオホーツク流氷まつりHPでも紹介されています。

網走監獄

12月11日あばしり学「網走監獄を知る!~思いを込めた豆わらじ~」講座

博物館網走監獄で行刑史や豆わらじの作り方を学ぶ講座を開きました。当日の天候は晴れでしたが、もちろん冬なので気温は低く、この監獄の厳しさが身に染みたのではないでしょうか。この日は鈴木雅宣理事長に案内していただき、わずか8ヶ月で163キロにわたる道路建設を行い、多くの囚徒の命が失われた中央道路建設の悲劇など、北海道開拓との関わりも学びました。また、受刑者が出所への思いを込めて作ったといわれる豆わらじを作りました!実物はとてもとても小さいものですが、今回は指の先ほどのサイズの物を作りました。なかなか難しい作業でしたが、みなさん上手に作ることができました!

カニチョッ筋体操

11月20日あばしり学「新あばしりスイーツ!?でんぷりん」講座

東京農業大学のオホーツク・ものづくりビジネス地域創生塾のみなさんに教えていただきました。牛乳とでんぷんで作るスイーツ、でんぷりんです。「牛乳プリン」のような、「でんぷんかき」のような・・・新感覚なお味です。どこのご家庭にもある牛乳、でんぷん、砂糖からできるこのスイーツは、なんと5分程度でできてしまいます。作り方は「でんぷんかき」を牛乳で作ると考えていただければOKです。今はあまり聞かれなくなった「でんぷんかき」がこんなカタチになって生まれ変わるとは驚きです。当日は作り方を学び、網走特産フルーツマタタビを少し砂糖で煮込み、それをかけて試食しました!ジャリっというマタタビの食感がでんぷりんによく合います。

カニチョッ筋体操

10月23日あばしり学「あばしり流カラダデザイン~カニチョッ筋体操~」講座

あばしりのご当地体操と言えば・・・カニチョッ筋体操!
平成19年に市制施行60年を記念して作られました。市の保健師と栄養士がトレーニング指導士の協力を得て原案を考え、東京農大健康科学研究室桜井智野風先生の監修を受けて創作しました。網走特産のアブラガニをモチーフにし、筋力アップを図ることができる全身運動の体操です。
この日は桜井先生や市保健センターの村上保健師からカニチョッ筋体操の効果的な動きを丁寧に教えていただきました。みなさんとてもお上手でした!ひとつひとつの動きを意識しながら体操することが重要です。さぁ、みんなでチョキの手で健康になりましょう!
カニチョッ筋体操について詳しくは・・・

冷凍すり身

10月9日あばしり学「網走発祥!冷凍すりみ~家庭でもできる冷凍すりみ~」講座

網走発祥の冷凍すり身について学びました。冷凍すり身は北海道立水産試験場(網走と余市)で開発され、網走で初めて企業化されました。即席めんに並ぶ大発明とされており、魚肉練り製品の原材料として世界に広がっています。
今回は全国すり身協会(網走にあります!)の北上理事長と網走友の会のみなさんに、冷凍すり身と網走との関わり、ホッケのすり身作りについて教えていただきました!網走では昔から、魚をどうやって調理したらおいしく食べられるのかについて研究されていたんですね。

モヨロ人講座写真

10月6日あばしり学「ウィルタ民族~ウィルタ文様にせまる~」講座

講師はウィルタ協会の弦巻弘史さん、ウィルタ民族の刺しゅうを伝えるフレップ会の方々です。ウィルタ民族の優れた技術、美しい文様を切り絵で学びました。
ハート型に見える美しい文様が特徴的なウィルタ民族の文様は、切り絵で作り、服やカバン、色々なものに刺しゅうされています。
ウィルタ民族の繊細で美しい刺しゅうに受講生も驚きました!
ウィルタ民族の刺しゅうは、ただいま北方民族博物館の常設展入口でもみることができます。
ウィルタ文様の刺しゅう

モヨロ人講座写真

10月3日あばしり学「モヨロ人の食べ物を知ろう」講座

会場に入ると・・・まず目に飛び込んできたのは机に広げられた骨の山!モヨロ人の食べていた魚介、鳥、犬などの骨です。もちろんモヨロ貝塚から発掘されたものです。でも私たちにはどれが何の骨なのかはさっぱり・・・講師にお招きした博物館の米村館長と学芸員の梅田さん、骨に詳しいボランティアの方に教えていただきながら、直接骨に触りながら「骨ビンゴ」をしました。子どもたちは似たカタチの骨を見つけるのが得意!大人顔負けのスピードで「これはクジラの骨だ!」、「あれは・・・」あっという間にビンゴが埋まっていきました。

きのこの山たんけん写真

9月18日あばしり学「きのこの山たんけん!」講座

少し雨模様の中、きのこがある山の中をたんけん!
1週間前乾燥していたので、ほとんど生えていないのではととても心配していましたが、食べれる食べれないは別として、たくさんのきのこを収穫することができました。とりあえずいろいろなきのこを収穫し、きのこの先生に山の中できのこ講座をしていただきましたが、なんと!55種類のきのこがありました!その後、エコーセンターに帰り、食べられるきのこはみんなできのこ汁にして食べました。

鯨解体見学写真

9月12日あばしり学「あばしり史跡めぐり~バスで行こう、歴史のたび~」講座

市内にある史跡標柱を徒歩で、バスでめぐりました。
当日の天候は晴れ!残暑が厳しい1日でした。講師は網走に詳しいみなさん!ということで、参加者の方々から教えていただきながら学びました。当日は子どもたちも元気に参加、こうして次の世代にあばしりのいろいろな話を伝えていけたらいいなと思います。ちなみに、左の写真は「荷揚坂跡」、釧路集治監網走外役所の受刑者が、この林の上の中央道路工事の現場まで食料と資材を運び上げました。

鯨解体見学写真

8月22日あばしり学「鯨(くじら)漁」講座オプション

「鯨(くじら)漁」講座の受講者を対象に、
前日に知床沖で下道水産の船が捕獲した
ツチクジラの解体を見学しました!
大きな鯨が大きな包丁であっという間に解体されていきます。
子どもも大人も網走の伝統漁である鯨漁を学ぶ良い機会に
なったのではないでしょうか。

8月7日あばしり学講座「丸万川たんけん」の写真

8月7日あばしり学講座「丸万川たんけん!」

子どもも大人もみんな一緒にザブン!
暑い日が続いていたため、水の冷たさもやわらいでいて絶好の川遊びデーでした。丸万川にはスジエビ、ウキゴリなど色んな生き物がいっぱい。講師の渡部さんに名前や特徴を教えてもらい、最後はみんなで川の生き物スケッチをして大きな紙にまとめました PDFファイル (434KB)
網走にはまだまだ自然が残っています。大切にしていきたいですね。

8月4日あばしり学講座「鯨(くじら)漁」の写真

8月5日あばしり学講座「鯨(くじら)漁」

夜にも関わらず、子どもたちを含め約60人の参加がありました。
網走で毎年水揚げされるツチクジラのお話や、
昔の鯨漁のお話を聞きました。
昔は二ツ岩に解体場があったんですね。
そして、色んな種類の鯨を捕獲していたそうです。
網走では学校給食にも提供されているクジラ。
これからももっと知りたいものです。

8月4日あばしり学講座「みなとオアシス散歩~帽子岩ケーソンドックまで行こう」の写真

8月4日あばしり学講座「みなとオアシス散歩~帽子岩ケーソンドックへ行こう~」

平日でしたが、夏休み中の子ども達でにぎわいました。
ココがどこかわかりますか?
実は帽子岩の裏側なんです。
普段は立入禁止ですが、今回は網走開発建設部さんと網走市との共催のため、特別許可で入ることができました。
写真ではわかりづらいですが、帽子岩は実は思いがけないカタチです。

7月10日あばしり学講座「大曲湖畔園地~ひまわり迷路をつくろう~」の写真

7月10日あばしり学講座「大曲湖畔園地~ひまわり迷路をつくろう~」

あいにくの雨でしたが、みんなでひまわりを迷路に沿って抜き、
完成させることができました。
ひまわりはこの時すでに大人の肩まですっぽり隠れるサイズ。
8月下旬には2mまで伸び、大輪の花を咲かせます。
ちなみに品種はロシアヒマワリです。

終了した「あばしり学ファン(Fun・Fan)コース」
カムイコース写真

カムイコース(対象:18才以上一般)

あばしりの課題解決に取り組もうと集まった16人の大人で構成。
この1年、2週間~1ヶ月に1回ペースで集まり、3つのグループに分かれて網走の色々なオススメを知る活動をしてきました。網走に住んでいても意外と知らないアレコレ。1人では絶対に行かなかっただろうなというスポット。普段知り合うことのない異なる感性の持ち主と行くからこそ見つかる何かがあります。16人も大人が集まれば意見が割れることもありますが、「網走をもっと好きになりたい」、「網走をもっと好きになって欲しい」という思いは共通です。
現在はリーダーを中心に1年間のまとめに取りかかり中。
3/5の閉講式までに「知っとこ網走」という冊子を完成させる予定です。お楽しみに!

ロセトコース1泊2日宿泊写真

ロセトコース(対象:小学4年生~中学3年生)

1月22日~23日の1泊2日、藻琴研修センターを使用させていただいて、冬の宿泊を行いました。1日目はかまくら作りをして、2日目は「10年後の網走」を考える活動を行いました。子どもたちが考える10年後は、海上に空港があったり、コンサートホールや路面電車、中には歴史遺産を作る(今作ってずっと置いておくと遺産になると主張)という発想も…とっても斬新でした。大人が考えるとこうはいかないなぁと感心しました。もっと写真を見たい方はコチラ! PDFファイル (1,816KB)

ロセトコース2泊3日キャンプ写真

ロセトコース(対象:小学4年生~中学3年生)

7月17日~19日の2泊3日、あばしりで挑戦するロセトコースのキャンプを行いました。1日目はエコーセンターから宿泊地であるレイクサイドパーク・のとろまで歩いて行き、2日目は美岬のヤチダモを見に歩いて行き、3日目は歩いてエコーセンターまで帰る。3日間で約45Kmを歩きました。
暑さに耐え、蚊にも耐え、よく頑張りました!
ごはん作りやテント立ても子どもだけで行いました。
この夏を大人になっても思い出して欲しいと思います。
もっと写真を見たい方はコチラ! PDFファイル (4,155KB)

ロセトコース2泊3日キャンプ写真

シマカコース(対象:小学3~6年生)

1月8日、シマカコースの2回目の活動「冬の天都山たんけん!」を行いました。
まず、天都山にある北方民族博物館でスノーシューの学習をした後、実際にスノーシューを履いて冬の森に入りました。モコモコした新雪の中、奥まで進むと、動物の足跡やなんとセミのぬけがらが…!森を抜けた後は雪原で自分の人型をつけたりして遊びました。大人になっても雪で楽しんでほしいと思います。もっと写真を見たい方はコチラ! PDFファイル (1,137KB)

ロセトコース2泊3日キャンプ写真

シマカコース(対象:小学3~6年生)

7月24日、シマカコースの1回目の活動「網走湖徹底調査&網走川下り」を行いました。網走開発建設部さんや、みずべネットオホーツクさんのご協力を得て実施です。
午前中は調査船あおさぎ号に乗り網走湖の水質調査を行いましたが、
網走湖の底の臭い水に隊員はびっくり!
水質調査のカラフルな試薬にも興味津々でした。
午後からはいよいよグループごとにE-ボート3艇に乗って呼人浦キャンプ場から
エコーセンターまで川下り!のんびり漕ぎながら、普段見れない景色を楽しみ、カワセミやアオサギを発見したり・・・でも、隊員が一番盛り上がったのは、新橋までの競争でした!
もっと写真を見たい方はコチラ! PDFファイル (4,718KB)

ノッカコース2写真

ノッカコース プログラム2(対象:小学1・2年生)

10月23日ハロウィーン1週前のこの日はみんなでオレンジ色のカボチャでジャックオランタンを作りました!農家の方のご厚意により提供されたカボチャたちです。
まずは顔を書き、上を切って中身を取り出します。スプーンやお玉で中身がどんどん出されていきます。約1時間でみんな立派なランタンを完成させることができました!
ノッカコースの子どもたちの器用さにこの日も驚きました。
おかげで、翌週のハロウィーンパーティーの会場前がとても華やかになりました! (7,406KB)

もっと写真が見たい方はコチラ! PDFファイル (626KB)

ノッカコース1写真

ノッカコース プログラム1(対象:小学1・2年生)

8月28日、大曲湖畔園地の森の中で秘密基地づくりをしました!
材料は段ボール、ブルーシート、木の枝、葉っぱ。
4つのグループに分かれて作った秘密基地は超個性派ぞろいでした。
カバン置場を取り付けた機能的な基地から、片側がオープンになっている
開放的な基地、天井がやけに低いコッソリ系、段ボールで作ったテレビや
テーブルなども備えたこだわり派など大人顔負けです。
この日は、お昼ごはんやおやつも自分たちで作った基地の中で食べました。
もっと写真を見たい方はコチラ! PDFファイル (2,965KB)

定期通信「月刊あばしり学」

最新号
2月1日発行 Vol.8 PDFファイル (1,304KB)

バックナンバー
1月1日発行 Vol.7 PDFファイル (1,402KB)
12月1日発行 Vol.6 PDFファイル (1,296KB)
11月1日発行 Vol.5 PDFファイル (1,384KB)
10月1日発行 Vol.4 PDFファイル (1,406KB)
9月1日発行 Vol.3 PDFファイル (1,329KB)
8月1日発行 Vol.2 PDFファイル (524KB)
6月27日発行 Vol.1 PDFファイル (577KB)

あばしり学にご登録ください

あばしり学講座を受講したい方はまずは、あばしり学受講生にご登録ください。
あばしり学受講生には毎月定期通信「月刊あばしり学」を郵送します。
「月刊あばしり学」で各講座の募集をしていますので、自分の受けたい講座を自由に選んで申し込んでください。
なお、「月刊あばしり学」はメールでも送信できます。
お申し込み、お問合せは下記担当係までお願いいたします。

あばしり学にプラスして学ぶあばしり学ファンコースについては、今年度の募集は終了しました。

「あばしり学」募集チラシ PDFファイル (582KB)
「あばしり学ファンコース」募集チラシ PDFファイル (610KB)

申込先・問合先

網走市教育委員会
社会教育課 生涯学習係
TEL43-3705 FAX45-0733
土曜日、日曜日も9時~21時30分まで受付できます。電話でもFAXでもかまいません。
※FAXの場合は 氏名、住所、電話番号を書いて送信してください。学生の方は学校・学年もお願いいたします。


アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.