ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度とは、75歳以上の高齢者の方などを対象に

平成20年4月から開始した医療保険制度です。

運営主体

47都道府県ごとに設置された広域連合が、保険料決定・賦課決定・医療の給付等の事務を行い、この制度の運営にあたります。北海道については、北海道後期高齢者医療広域連合が運営しています。
なお、保険料の徴収は市町村で行ないます。

被保険者

被保険者は、広域連合の区域内に住所を有する75歳以上の人と65歳から74歳で障がいの状態により広域連合の認定を受けた人です。
これは、以前の老人保健制度における老人医療対象者と同じです。

費用負担の割合

後期高齢者の医療費は、後期高齢者の保険料で1割、現役世代の保険料(後期高齢者支援金)で4割、残りの5割を公費(国:道:市=4:1:1)でまかないます。

患者負担

後期高齢者医療制度では、ひとり1枚の保険証が発行され、その保険証を医療機関等の窓口に提示することにより、患者負担は1割(現役並み所得者は3割)で受診することができます。
詳しくは、保険証 現役並み所得者の判定をご覧下さい。
また、1ヶ月の医療機関での支払いの限度額を超えたときは、超えた額を「高額療養費」として支給する制度(入院の場合は、自己負担限度額にとどめる措置があります)や医療保険と介護保険の自己負担合算額が限度額を超えたときは、超えた額を「高額介護合算療養費」として支給する制度があります。
詳しくは、高額療養費・高額介護合算療養費をご覧下さい。

保険料

後期高齢者医療制度における保険料は、広域連合ごとに条例で定めることとなっており、その都道府県内の後期高齢者に関しては、住んでいる市町村を問わず、均一な基準に基づく保険料となります。(一部、離島等を除く。)
そして、保険料は1人ひとり均等に負担する【均等割額】と所得に応じて負担する【所得割額】の合計額となります。
なお、後期高齢者の保険料については、低所得者や被用者保険(協会けんぽなど)の被扶養者だった方にに対して、保険料軽減措置が設けられています。
また、保険料の徴収は、「年金から天引」と「口座振込」を選べる仕組みとなっています。(一部、納付書による納入の場合があります。)
保険料の計算方法・軽減措置・納め方の詳細については、保険料をご覧下さい。



手続き

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市ホームページについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.