ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

保険料

保険料の計算方法

保険料は、1人ひとり均等に負担する 【均等割額】 と所得に応じて負担する 【所得割額】 により決定されます。

・賦課される年間保険料には、賦課限度額(上限額)が設定されています。
・所得が低い世帯や、今まで会社の健康保険(国保・国保組合除く)の被扶養者だった方については、保険料の軽減措置が受けられます。
・保険料は、個人ごとに計算され、「年金から天引き」と「口座振替」を選ぶことができます。
・所得割率と均等割額については、2年ごとに見直されます。

年度毎の所得割率・均等割額は、以下のとおりです。
年度 所得割率 均等割額 賦課限度額
平成20年度 9.63% 43,143円 50万円
平成21年度 9.63% 43,143円 50万円
平成22年度 10.28% 44,192円 50万円
平成23年度 10.28% 44,192円 50万円
平成24年度 10.61% 47,709円 55万円
平成25年度 10.61% 47,709円 55万円
平成26年度 10.52% 51,472円 57万円
平成27年度 10.52% 51,472円 57万円
平成28年度 10.51% 49,809円 57万円
平成29年度 10.51% 49,809円 57万円

保険料の納め方

後期高齢者医療制度の保険料は、「年金からの天引き」と「口座振替」を選べます。

年金から天引を希望する場合

年額18万円以上の年金を受け取っている方は、自動的に年金から保険料が天引きされます。 (特に手続きは必要ありません) ただし、介護保険料と後期高齢者保険料の合算額が年金額の2分の1以上になる場合は、年金からは引き去りできません。(この場合、口座振替か納付書払いとなります。)

注)複数の年金を受給している場合は、合算額ではなく介護保険料を引き去りしている年金を対象とします。

口座振替を希望する場合

「口座振替依頼書」と「納入方法変更申立書」の提出が必要ですので、市役所窓口で手続きをお願いします。
なお、年金天引きから口座振替に切り替わる時期は、申し出の時期によって異なりますのでご了承願います。

注意!! 金融機関の窓口で、「口座振替依頼書」の提出だけでは、天引きは中止になりません。 必ず、市役所窓口で「変更申立書」の提出も必要です。

★社会保険料控除に使用できる保険料について★

年末調整や確定申告で所得から控除できる「社会保険料控除」は、保険料を支払った方の控除となります。そのため、口座振替の方が、 ”減税” になる場合もあります。

(1)年金天引きの場合 ⇒年金天引きされている方の控除となります。

(2)納付書の場合 ⇒納付書で支払った方の控除となります。

(3)口座振替の場合 ⇒口座名義人の方の控除となります。

・ケース1
世帯主A(課税)  ・・・年金天引き
世帯員B(非課税) ・・・年金天引き
 ~この場合、Bの保険料はBの控除にしか使えず、また、非課税なため保険料控除の必要がありません。
  Bの保険料が、Aの所得から控除できないため、Aの税負担が大きくなることがあります。
・ケース2
世帯主A(課税)  ・・・年金天引き
世帯員B(非課税) ・・・Aの口座から引き去り
~Aの口座から口座振替しているため、 Bの保険料は、Aの控除に使えます。
○具体例○
父(75歳)、母(75歳)、世帯主(40歳)の世帯
今まで世帯主が国民健康保険料を納めていた場合、3名分の保険料額を世帯主の控除額として使用することができました。
現在、後期高齢者医療保険料は父と母の年金からそれぞれ天引きされているため、世帯主の控除額として使用することができません。そのため、世帯主の税金が今までよりも高くなる可能性があります。
社会保険料控除は、あくまでも支払った者の控除額であり、父や母が年金天引きにより支払ったものは、父や母本人の控除額としてしか認められないためです。
この場合は、父と母の年金天引きを中止し、世帯主の口座から振替すれば、世帯主の控除額として使用できます。

保険料の軽減措置

後期高齢者医療制度の保険料には、様々な軽減措置があります。

所得に応じた軽減
・均等割の軽減
軽減は、被保険者と世帯主の所得の合計で判定します。
被保険者ではない世帯主の所得も判定の対象となります。
【注】世帯は4月1日(年度途中に資格取得した方は資格取得日)時点の状況で判断します。
所得が次の金額以下の世帯 軽減割合 軽減前 軽減後
33万円かつ被保険者全員が所得0円(年金収入のみの場合、受給額80万円以下) 9割軽減 49,809円 4,980円
33万円 8.5割軽減 7,471円
33万円+(27万円×世帯の被保険者数) 5割軽減 24,904円
33万円+(49万円×世帯の被保険者数) 2割軽減 39,847円
・所得割の軽減
被保険者個人の所得で判定します。
所得から33万を引いた額が58万円以下の方 2割軽減
被用者保険の被保険者だった方の軽減

後期高齢者制度に加入する前まで、被用者保険(協会けんぽ・共済組合等)の被扶養者だった方には、軽減措置があります。
これは、今まで被扶養者として保険料を負担してこなかった方に対する激変緩和措置です。
内容としては、後期高齢者医療保険料の所得割がかからず、均等割が軽減されます。
平成29年度は、均等割が7割軽減され、年間の保険料が14,942円です。

※国民健康保険(国保)や国民健康保険組合(土木建築国保など)に加入されていた方や、被用者保険の被保険者本人については、対象になりません。

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.