ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かな自然にひと・もの・まちが輝く健康都市 Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

高額療養費

高額療養費は1ヶ月間に高額の医療費を支払った場合に自己負担限度額を超えた部分について払い戻しされます。

算定にあたり

高額療養費は1ヶ月間に高額の医療費を支払った場合に自己負担限度額を超えた部分について払い戻しされます。

計算上の注意点
・暦月(1日~末日まで)を1か月として計算します。
・医療機関ごと(ただし、院外処方せんによる調剤は合算)、個人ごとに別々に計算します。
・同一の医療機関でも、入院・外来・歯科は別々に計算します。
・次のものは、高額療養費の計算には含みません。
   ・入院時の食事代・病衣代、及び差額ヘ゛ット代など
   ・保険外診療
・70歳未満の方は、上記の方法で計算した一部負担金が、同一世帯で21,000円以上のものだけが合算の対象となります。

自己負担限度額(70歳未満の場合)

所得区分 3回目まで 4回目以降 食事負担額(1食)
上位所得者 基礎控除後の所得が901万円を超える世帯
252,600円+                        (総医療費-842,000円)×1% 140,100円 460円
基礎控除後の所得が600万超~901万円以下の世帯 167,400円+                        (総医療費-558,000円)×1% 93,000円
一般 基礎控除後の所得が210万超~600万円以下の世帯 80,100円+                        (総医療費-267,000円)×1% 44,400円
基礎控除後の所得が210万以下の世帯 57,600円 44,400円
住民税非課税世帯 市民税非課税世帯
35,400円 24,600円 210円(*)

※回数は、当該診療月を含む過去12ヶ月間の高額療養費の支給回数です。
※高額の診療を受けられる際に、窓口の支払時点で自己負担限度額までにするためには、「限度額適用認定証(非課税世帯の方は限度額適用・標準負担額減額認定証)」が必要になります。ご希望の場合は、事前に医療保険係へ申請してください。
※人工透析を必要とする方の自己負担限度額は、1万円(上位所得者は2万円)となります。
人工透析を必要とされる方は、医療保険係へ「特定疾病療養受療証」の交付の申請をしてください。
※指定難病の方の食事負担額は、1食260円に据え置かれています。(都道府県の発行する指定難病の医療受給者証をお持ちの方は、医療機関へご提示ください。)

※基礎控除後の所得=総所得金額など-基礎控除(33万円)

自己負担限度額(70歳以上の場合) 

外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位) 食事負担額(1食)
現役並み所得者3 252,600円+(総医療費-842,000円)x1% (4回目から140,100円) 460円
現役並み所得所2 167,400円+(総医療費-558,000円)x1% (4回目から93,000円)
現役並み所得者1 80,100円+(総医療費-267,000円)x1% (4回目から44,400円)
一般 18,000円(年間144,000円) 57,600円 (4回目以降は44,400円)
低所得2 8,000円 24,600円
210円(*)
低所得1 8,000円 15,000円 100円

※低所得1・2の方については、高額の診療を受けられる際に、窓口の支払時点で自己負担限度額までにするためには「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。ご希望の場合は、事前に医療保険係へ申請してください。

※一定以上所得者
同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上の国保加入者がいる人。
ただし、70歳以上の国保加入者の収入の合計が、1人の場合383万円未満、2人以上の場合520万円未満であると申請した場合は、「一般」の区分となります。 
また、同一世帯に後期高齢者医療制度に移行する人がいて一定以上所得者になった高齢者国保単身世帯の場合、住民税課税所得145万円以上かつ収入383万円以上で、同一世帯の国保を抜けた後期高齢者も含めた収入合計が520万円未満の人は、限度額について「一般」を適用します。

※低所得2
同一世帯の世帯主及び国保加入者が住民税非課税の人(低所得1以外の人)

※低所得1
同一世帯の世帯主及び国保加入者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人


(*)食事負担額について、住民税非課税世帯及び低所得2に該当する方の食事代は、過去12ヶ月の入院日数が90日を超える場合、160円になります。

申請方法

領収書、印鑑、世帯主の金融機関の口座番号のわかるものを持って、医療保険係に高額療養費支給申請をしてください。
なお、網走市では対象となる方に診療月から約3か月後に、世帯主あてに「高額療養費支給申請書」をお送りしております。
※診療月から5か月以上過ぎても申請書が届かない場合は、お問い合わせください。

限度額適用認定証

入院など、治療に要した費用が高額となった場合、医療機関の窓口へ提示することにより、自己負担限度額までの支払いにとどめられるものです。詳しくは こちら。

申請・届け出 概要
高額療養費支給申請書PDFファイル(349KB) 高額療養費支給申請書です(※印刷する際は両面印刷してください)
高額療養費支給申請書(記載例)PDFファイル(87KB) 記載例を参考にして記載願います
お問い合わせ先

戸籍保険課 医療保険係
電話:0152-44-6111(内線228、232、259、408)


アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.