ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

TOP > 墓園・環境保全 > 灯油等漏えい事故の未然防止

灯油等漏えい事故の未然防止

ホームタンクからの灯油等の漏えい事故に注意!


灯油等の危険物の流出事故は、火災発生の危険性があることはもちろんのこと、河川・海域などに流入すると水質汚染や魚類・農作物の被害などを引き起こす可能性があります。
ホームタンクで灯油を貯蔵している家庭では、次のことに注意し、漏えい事故や被害の拡大を未然に防止しましょう。

●点検
(1)転倒しないよう、ホームタンクの固定状況を確認しましょう。
(2)配管などに腐食や亀裂がないかを確認しましょう。
(3)定期的に灯油等の残量を調べ、異常な減少がないかなどを確認しましょう。

●容器などに小分けするときの注意
(1)小分け中は絶対にその場を離れないようにしましょう。
(2)小分けした後はバルブを確実に閉じましょう。

油漏れで汚染が発生した場合、(1)原因場所付近の土砂などの入れ替えにかかる費用、(2)油で汚れた土砂の処分料及び処理場への運搬料、さらに、河川や海域へ流入した場合は、(3)原因場所から河川、海域へ至る道路側溝などの全区間の清掃、(4)オイルフェンス、油吸着マットの設置費用などの全ての費用を原因者に負担していただくことになります。また、発見が遅れるほど被害は拡大し、場合によっては多額の負担をしなければならないこともあります。
万が一、流出してしまったら被害を拡大させないため、速やかに近くの消防署・市役所などに連絡しましょう。



【安全・安心なホームタンクのための基礎知識】


あなたの家のホームタンクは大丈夫?・・・日頃の点検やメンテナンスを行ってください。


最近、こんなことはありませんか?
●灯油タンクの灯油の減り方が普段より早い気がする。
●家の周りが油臭い


もし、心当たりがあればすぐに自宅の灯油タンクなどの点検を行ってください。
灯油販売業者などで油漏れの点検ができます。

●通気管のつまり

燃料の吸出しが不可能になる場合があります。

●タンクゲージの破損

タンクへ水が浸入し、暖房器具の動作不良の原因となる場合があります。

●タンク内のサビ

サビの破片が暖房器具の不完全燃焼の原因となる場合があります。

●開閉が渋い

バルブの開閉が不完全となり、漏れの原因となる場合があります。

●ストレーナーの汚れ

灯油の流れを妨げ、暖房器具等が点かない原因となる可能性があります。

●配管とタンク接合部の緩み及び配管の腐食

漏れの原因になり、空気が入ればタンク内のサビの発生原因になります。

●ホームタンクの固定

地震等からホームタンクの転倒を防ぎます。

●防油提の設置

タンクから漏えいした燃料の流出を防ぎます。

お問い合わせ先

生活環境課 環境対策係
電話:0152-44-6111(内線340・405)

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市ホームページについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.