ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

TOP > 保健・健康・検診 > 不妊治療費の助成

不妊治療費の助成

網走市不妊治療費助成事業

網走市では、特定不妊治療や保険が適用されない不妊治療を受けているご夫婦に、経済的支援としてその治療費の一部を助成しています。
 
特定不妊治療費と保険の適用外となっている不妊治療費について助成を行っております。
平成29年度は、平成29年4月から平成30年3月までの治療費が助成の対象となります。

対象となる治療

(1)特定不妊治療(体外受精及び顕微授精。やむを得ず治療を中断した場合についても、卵胞が発育しない等により卵子採取以前に中止した場合を除き、助成の対象となります。)
(2)特定不妊治療以外の不妊治療(注射や投薬、人工授精など)のうち、保険の適用外の治療

※ただし、夫婦以外の第三者から提供を受けた精子・卵子・胚による不妊治療や、代理母、借り腹によるものは助成の対象とはなりません。

対象となる人

不妊治療をしなければ妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断され実際に治療を受けた方で、次のすべての要件に該当する方(ただし4.は特定不妊治療の場合のみ)とします。
1.網走市に住民登録を有する人
2.法律上の婚姻をしている人
3.夫婦の前年の所得(1月から5月までの間に申請があった場合については、前々年の所得)の合計額が730万円未満であること。
4.北海道特定不妊治療費助成事業で北海道知事が指定する医療機関で治療を受けた人。ただし、やむを得ない事情等で道外の医療機関で治療を行った場合については、次のとおりとします。
(1)道外の都府県等で、医療機関の指定を受けている場合は、その医療機関も指定医療機関とみなします。
(2)道外の都府県等で、同様の事業を実施しておらず、指定医療機関がない場合は、日本産婦人科学会の会告等に定める要件を満たし、学会の諸登録施設であれば、指定医療機関とみなします。

助成の額及び期間

1.助成の額
(1) 特定不妊治療:要した費用(ただし北海道特定不妊治療費助成事業により受けることが可能な金額を控除した額とします。)に対し、1回につき5万円を限度とします。
(2) その他の不妊治療:要した費用に対して1年度当たり3万円を限度とします。

2.助成期間:通算5年間です。


申請方法

「不妊治療費助成金交付申請書」(第1号様式)に次の書類を添付して提出してください。
《様式は、このページの下にあります『申請様式ダウンロード』をご利用下さい》

1.不妊治療費助成受診等証明書(第2号様式)
2.夫及び妻の所得額を証明する書類
3.治療に係る領収書
4.北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定通知書の写し(特定不妊治療費助成を申請される場合のみ必要です)
5.その他市長が必要と認めた書類


特定不妊治療費助成の申請をされる方は、上記1.2.3の書類について北海道特定不妊治療費助成事業の助成申請の際に添付された書類の写しでも構いません。

北海道の特定不妊治療助成事業について

北海道で実施しております特定不妊治療助成事業については、こちらこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。(オホーツク総合振興局 特定不妊治療助成事業のページにジャンプします)

お問い合わせ先

網走市保健センター(健康推進課保健衛生係)
電話:0152-43-8450

kani_chokkin

申請様式ダウンロード
申請・届け出 概要 記入例 窓口
不妊治療費助成金交付申請書 PDFファイル (426KB) 第1号様式 健康推進課保健衛生係
不妊治療費助成受診等証明書 PDFファイル (434KB) 第2号様式 健康推進課保健衛生係
アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.