ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

TOP > 保健・健康・検診 > 予防接種 > 個別に行う予防接種-ヒブ・小児用肺炎球菌・四種混合・不活化ポリオ・麻しん風しん混合・麻しん・風しん・水痘(水ぼうそう)・日本脳炎・子宮頸がん・BCG(1医療機関のみ)・B型肝炎(H28年10月1日から開始)

個別に行う予防接種-ヒブ・小児用肺炎球菌・四種混合・不活化ポリオ・麻しん風しん混合・麻しん・風しん・水痘(水ぼうそう)・日本脳炎・子宮頸がん・BCG(1医療機関のみ)・B型肝炎(H28年10月1日から開始)

個別で行う予防接種
種類 対 象 と 方 法 日  程
ヒブ <生後2~7ヶ月未満>
初回:標準期間として27~56日間隔で3回接種
(56日を超えても救済の対象になります)
追加:3回目接種から標準期間として7~13ヶ月の間に1回接種
<生後7~12ヶ月未満>
初回:標準期間として27~56日間隔で2回接種
(56日を超えても救済の対象になります)
追加:2回目接種から標準期間として7~13ヶ月の間に1回接種
<生後1~5歳未満>
1回接種
通年接種

予防接種の日程等を指定している医療機関もありますのでご確認ください
小児用肺炎球菌 <生後2~7ヶ月未満>
初回:27日以上の間隔で3回接種
(ただし、2回目及び3回目は生後24ヶ月未満までに完了する
 また、初回2回目の接種は生後12ヶ月まで行うこととし、それを超えた場合は
  3回目は接種できません)
追加:3回目接種後60日以上の間隔で1回接種
(生後12ヶ月以上で標準期間として生後12ヶ月~15ヶ月の間に行う)
<生後7~12ヶ月未満>
初回:27日以上の間隔で2回接種
(ただし、2回目は生後24ヶ月未満までに完了する)
追加:2回目接種後60日以上の間隔で1回接種(生後12ヶ月以上で行う)
<生後1~2歳未満>
60日以上の間隔で2回接種
<生後2~5歳未満>
1回接種
B型肝炎 生後2~12ヶ月未満の間に3回接種(※ただし、平成28年4月以降に生まれた乳児)
1回目から27日以上の間隔で2回目を接種
1回目から139日以上の間隔で3回目を接種
四種混合
(百日せき
ジフテリア
破傷風
不活化ポリオ)
1期初回:生後3~90ヶ月(7歳6ヶ月)未満の間に標準期間として
    20~56日間隔で3回接種(56日を超えても救済の対象になります)
1期追加:初回の3回目終了後標準期間として
    12~18ヶ月(1年半)の間に1回接種

※百日せきにかかった児は二種混合予防接種をする事ができます。この場合ポリオは単独の不活化ポリオワクチンを接種します。
※不活化ポリオワクチンを規定の回数接種していて、三種混合ワクチンを規定の回数接種していない場合は、有効性と安全性が確認されたため、四種混合ワクチンでの接種となります。
※三種混合ワクチンは、平成26年12月から製造販売中止となっておりますので、現在実施していません。
BCG(1医療機関) 生後3~12ヵ月未満に1回接種
※標準接種期間:生後5~7ヵ月に接種することをお勧めします
二種混合
(ジフテリア
破傷風)
11~12歳の間に1回接種(三種混合及び四種混合の2期として接種します)
不活化
ポリオ
初回免疫:生後3~90ヶ月(7歳6ヶ月)未満の間に標準期間として
    20~56日間隔で3回接種(56日を超えても救済の対象になります)
追加免疫:初回の3回目終了後標準期間として
    12~18ヶ月(1年半)の間に1回接種

 ☆基本的には、三種混合ワクチンを接種している者
※生ポリオワクチンを1回接種したお子さんは、2回目以降不活化ポリオワクチンを3回接種します。
 (初回免疫2回及び追加免疫1回)
麻しん・
風しん混合
1期:生後12ヶ月~24ヶ月未満に1回
2期:5歳~7歳未満で小学校就学の1年前の間に1回<幼稚園・保育園での年長児>
※基本的に麻しん風しん混合ワクチンを接種しますが、麻しん及び風しんに罹った場合は、罹っていない方の単独ワクチンを接種することができます。ただし、抗体検査などで、免疫があることが明らかでない場合は、混合ワクチンでの接種をお勧めします。
水痘
(水ぼうそう)
生後12ヶ月~36ヶ月未満に2回
生後12ヶ月~15ヶ月(標準期間)に達するまでの期間に1回目を接種
1回目接種後6ヶ月~12ヶ月(標準期間)に2回目を接種(3ヶ月から接種可能)
※ただし、既定の回数を接種している及び明らかに水痘にかかったことがある場合は接種対象から除く
日本脳炎 1期初回:生後6~90ヵ月未満の間に標準期間として
   6~28日間隔で2回接種
1期追加:初回の2回目終了後、概ね1年で1回接種
2期:9歳~13歳未満の間に1回接種
※北海道が示す優先接種対象者に日本脳炎ワクチンを接種いたします。各年度の対象の方には個別にご案内いたします。接種を受ける際は、案内書類若しくは予診票を医療機関へ提出してください。また、優先接種対象者以外の内、海外渡航で感染地域へ行かれる等の方はご連絡ください。




サーバリックス 中学1年生~高校1年生で3回接種
1回目接種をを0ヶ月として、2回目接種を1ヶ月、3回目接種を6ヶ月で接種
ガーダシル 中学1年生~高校1年生で3回接種
1回目接種をを0ヶ月として、2回目接種を2ヶ月、3回目接種を6ヶ月で接種

★定期の予防接種を受ける時、保護者以外の方が同伴する場合は、委任状が必要となりますので保健センターまでご連絡ください。
★中学生以上の方で保護者が同伴しない場合、保護者の同意書が必要となります。予診票裏の同意書に記載がない場合は、接種を受けることができませんのでご了承ください。

※子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について

子宮頸がんワクチンを接種後、痛みやしびれなどの症状が2~4週間経過しても改善しない方は、下記の医療機関で受診・相談することができます。

札幌医科大学附属病院 整形外科・リハビリテーション科
TEL:011-611-2111(内線3132)
※上記医療機関での診察には、予防接種を受けた担当医師からの紹介が必要となります。

感染症・予防接種相談窓口について<厚生労働省>                                            下記相談窓口では、子宮頸がん予防(HPV)ワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般についての相談に応じております。
 【感染症・予防接種相談窓口】
 ○電話番号 0422-70-1485(平成28年4月1日より電話番号が変わりました)
 ○受付時間 午前9時~午後5時 ※土日祝日、年末年始を除く

 ※この相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間業者によって運営されております。
 ※行政に関するご意見・ご質問は、受け付けておりません。

 厚生労働省ホームページ(感染症・予防接種相談窓口)へのリンク

個別接種の指定医療機関

個別接種の指定医療機関はこちらからご確認ください。

お問い合わせ先

網走市保健センター(健康推進課 保健衛生係)
電話:0152-43-8450  FAX:0152-43-8451

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市ホームページについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.