ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

TOP > 監査事務局 > 監査等の結果 > 平成20年度 定期監査報告

平成20年度 定期監査報告

報告内容

1.監査の対象

(1)企画総務部 総務課、職員課、財政課
(2)市民部 市民課、生活環境課
(3)経済部 観光課
(4)建設部 建築課
(5)福祉部 社会福祉課、介護福祉課、児童家庭課
(6)水産港湾部 水産漁港課、港湾課
(7)選挙管理委員会
(8)教育委員会 管理課、社会教育課、博物館
(9)学校 西小学校、西が丘小学校、南小学校、第一中学校、第三中学校

2.監査期間

平成20年6月23日から平成20年10月31日の間において実施

3.監査の場所

監査事務局、エコーセンター、博物館、当該学校

4.監査執行者

網走市監査委員 藤原 克己
網走市監査委員 岡本 俊行

5.監査の範囲

 前記対象に係る、平成19年度における財務及び事務に関する執行全体を監査の範囲として実施した。

6.監査の方法

 前記対象課・校について、次の事項についてそれぞれの所管事項に係る必要な資料の提出を求め、担当職員から事務の執行状況及び内容について説明を受けて実施した。

(共通事項) 
 (1)収入(国、道支出金を除く)について
 (2)各種団体等に関する補助金及び負担金について
 (3)工事等の契約、事務事業等の委託契約及び賃借契約等について
 (4)公金の取り扱いについて
 (5)公の施設の管理運営状況について
  
(特定事務)
 (1)所管課における特定事務

7.監査の結果

 各課の所管する事務事業の執行状況については、概ね適正に処理されている。なお、改善すべき事項、検討すべき事項等のうち、軽易な事項については、監査の過程において担当者に是正するようそれぞれ指導したので、記述は省略する。主な指導事項等は、以下のとおりである。

主な指導事項

1 料、負担金などに関する未収金対策において、職員による直接的な対応が不足している。他部門との情報交換に努めるとともに、職員自ら出向くなど、より積極的かつ効果的な対策を検討すべきである。
 
2 補助金について、多額の繰越金が発生している団体へ、恒常的に交付している事例が見受けられる。補助の目的、主旨等を精査し、必要性及び期限について検証し見直すべきである。
 
3 物品の購入について、根拠となる法令等の要件を満たしていない、あるいは、要件が明確でない随意契約が見受けられる。業者・金額が適正か否か、毎回検証し、契約する必要がある。

4 公の施設の管理などの債務負担行為について、部門間で取り扱いに差が見受けられる。全庁的に統一した基準で行う必要がある。
 
5 財産の管理において、現課と取りまとめ部門間でその把握分が乖離している事例が見受けられる、また、評価額等が把握されていない。関係部門との整合性を図り、計画的に整備する必要がある。

6 備品については、施設建設時に附帯施設として整備されたもの、また、寄贈されたもので、台帳整理がなされていない事例が見受けられる。備品として登録し、適正に管理すべきである。

7 学校における備品については、定期的な棚卸しの実施により、備品台帳の精度を高めるよう要望する。

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市ホームページについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.