ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

TOP > 市政情報 > 施策・計画・報告 > 網走市新型インフルエンザ等対策行動計画

網走市新型インフルエンザ等対策行動計画

網走市新型インフルエンザ等対策行動計画を作成しました

 国は、平成24年5月に、新型インフルエンザ等から国民の生命と健康を保護し、生活や経済に及ぼす影響を最小とすることを目的に「新型インフルエンザ等対策特別措置法」(特措法)を制定しました。

 

 この特措法の規定に基づき、網走市においても新型インフルエンザ等対策の実施に関する計画を作成することが求められたことから、平成21年度作成の同計画を見直し、政府行動計画及び道行動計画を基本とした「網走市新型インフルエンザ等対策行動計画」を平成27年8月に作成しました。

新型インフルエンザとは

 感染症法第6条第7項において、新たに人から人に伝染する能力を有することとなった、ウイルスを病原体とするインフルエンザであって、一般に国民が当該感染症に対する免疫を獲得していないことから、当該感染症の全国的かつ急速なまん延により、国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあると認められているものをいうとされています。

 

 毎年流行を繰り返す、季節性のインフルエンザとはウイルスの抗原性が大きく異なり、ほとんどの人がそのウイルスに対する免疫を獲得していないため、ウイルスが人から人へと効率よく感染し、急速かつ大規模なまん延を引き起こし、世界的大流行(パンデミック)となるおそれがあります。

網走市新型インフルエンザ等対策行動計画の内容

 この行動計画は、網走市の新型インフルエンザ等に対する基本的な対策方針を示すものです。今後も、新型インフルエンザ等に関する最新の科学的な知見や、新型インフルエンザ等についての検証等を通じて改定する政府行動計画や道行動計画に対応して、必要な変更を行うこととします。

 

 網走市新型インフルエンザ等対策行動計画はこちらPDFファイル(584KB)

網走市の新型インフルエンザ等対策の実施に関する基本的な方針

 網走市では、国や道と緊密に連携し、次の2点を主たる目的として対策を進めてまいります。

 

(1)感染拡大を可能な限り抑制し、市民の生命及び健康を保護します。

 ・感染拡大を抑えて、流行のピークを遅らせ、医療体制の整備に要する時間を確保します。

 ・流行のピーク時における患者数をなるべく少なくして、医療体制への負荷を軽減するとともに、患者数が医療提供のキャパシティを超えないようにすることで、適切な医療の提供を確保します。

 ・適切な医療の提供により、重症者数や死亡者数を減らします。

 

(2)市民生活及び市民経済に及ぼす影響が最小となるようにします。

 ・地域での感染拡大防止策等により、欠勤者の数を減らします。

 ・業務継続計画の作成・実施等により、医療の提供及び市民生活・市民経済の安定に寄与する業務の維持に努めます。

市民の皆様の役割について

 新型インフルエンザ等の発生前から、新型インフルエンザ等に関する情報や発生時に取るべき行動など、その対策に関する知識を得るとともに、季節性インフルエンザと同様、マスク着用・咳エチケット・手洗い・うがい等の個人レベルでの感染対策を実践し、また、発生時に備えて個人レベルにおいても食料品・生活必需品等の備蓄を行うよう努めましょう。

 

 新型インフルエンザ等の発生時には、発生の状況や、予防接種など実施されている対策等についての情報を得て、感染拡大を抑えるための個人レベルでの対策を実施するよう努めましょう。

新型インフルエンザ等の関連リンク

・【内閣官房】新型インフルエンザ等対策ページ

 

・【厚生労働省】インフルエンザ(総合ページ)

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市ホームページについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.