ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

TOP > 市政情報 > 施策・計画・報告 > 重点として取り組む生活習慣病の予防

重点として取り組む生活習慣病の予防

高血圧性疾患

血圧とは

心臓から送り出された血液が血管の中を流れるときに、血管の壁を押し広げていく圧力のことをいいます。
血圧には2種類あり、心臓が収縮して体に血液を送り出した時の圧力を収縮期血圧(最高血圧)といい、心臓が拡張して血液を取り込んだ時の圧力を拡張期血圧 (最低血圧)と呼びます。
●血圧の正しい測り方
・測定前5分間は安静にする。
・測定前に排尿をすませておく。
・食事、運動、喫煙などの後は30分時間をおく。

高血圧とは

血圧が常に正常値よりも高い状態をいいます。
高血圧は多くの場合、特別な症状がないままに経過し、やがて血管・心臓、腎臓などの臓器に障害を与え、命に関わるような合併症を引き起こすため、サイレントキラーと呼ばれています。
高血圧治療の目的は、血圧を下げることそのものではなく、将来の心臓や血管の病気と、それらの結果としての虚血性心疾患や脳卒中を防ぐことといっても過言ではありません。
高血圧は生活習慣病の代表的な症状です。
生活環境=ライフスタイルを見直すことで予防が可能です。

【イラスト】血圧のメカニズム

血圧の分類表

高血圧を防ぐには?

1)1日に摂取する塩分を10g未満にしましょう。
2)ストレスを減らしましょう。イライラは血圧上昇につながります。
3)『禁煙』『節煙』を心がけましょう。タバコは一時的に血管を収縮させ血圧を高めます。
4)動物性脂肪1対植物性脂肪2の割合で栄養バランスをとりましょう。
5)野菜や海藻類をとって便秘を防ぎましょう。
6)アルコールは控えめにしましょう。
7)1日1回は運動をしましょう。
8)太めな人は適正な体重に近づけましょう。

肥満と高血圧

体重によって血液の量は異なり、肥満の人の血液量は通常より多くなります。肥満の人は血液量が多くなければ、体の隅々まで血液がいきわたりません。しかし、心拍数はさほど違いはありませんから、1回に送り出す量を増やすことになり、血管にかかる圧力は高くなります。その上、体脂肪が多く、血管を圧迫していますから、通り道も狭くなりがちです。血圧だけにとどまらず、心臓にも負担がかかっているのです。 
肥満というほどではなくても、毎年少しずつ肥満に近づいている人は、今のうちに適正体重を守る生活習慣を身につけましょう。

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.