ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

TOP > 緊急情報・災害情報 > 東日本大震災関連情報 > 1月17日は「防災とボランティアの日」です

1月17日は「防災とボランティアの日」です

「防災とボランティアの日」とは?

平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の際、全国各地からボランティアの方々が駆けつけ、献身的にボランティア活動を行い、復興に向けて大きな力となり、災害ボランティアの重要性が認識されるようになりました。

この阪神・淡路大震災を契機として、平成7年12月15日閣議了解により、毎年1月17日を「防災とボランティアの日」に、毎年1月15日~21日を「防災とボランティア週間」とすることと定められました。

 

 


 

防災とボランティア活動

毎年、全国各地で地震や風水害などの自然災害が発生しており、被災地では災害救援、避難生活の支援、家屋の泥かきなどの災害ボランティア活動が行われています。
平成23年3月11日に発生した東日本大震災においても、多くのボランティアの方々により、幅広い支援活動が行われました。

また、平常時も様々な啓発活動や復興支援の取り組みにおいて、ボランティアの方々が大きな役割を担っています。

 

網走市は、東日本大震災の被災小中学校の支援を目的として、平成24年5月1日からベルマーク運動に取り組んでおり、集まったベルマークの集票や仕分け作業に、市民ボランティアの方々のご協力をいただいております。

 

ベルマーク運動についてはこちらをご覧ください

 

 

 


 

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.