ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

背景色変更

文字サイズ

TOP > 緊急情報・災害情報 > 災害に備えて > ふだんから地域の協力

ふだんから地域の協力

ふだんから進めよう、地域の協力

現代人の生活は、隣近所との関係が希薄であるといわれています。
災害が発生したとき、それを防いだり、被害を最小限に食い止めるためには、個人レベルで防災意識を持ち、家庭内の防災対策などを日ごろから行うことが大切となります。
住んでいる地域全体が守られて、はじめて自分や家族が安全になれるのです。
安心できるまちをつくるために、日ごろからコミュニティを大切にし、連帯感を深めていく努力が必要です。
大きな災害が発生したとき、網走市は次のような状況に見舞われることが考えられます。

1.道路が不通になり、防災機関の活動が困難になります。
2.電話・水道・電気が止まり、防災機関への通報や消火活動に支障をきたします。
3.同時に多数の場所で被害が出て、防災機関の活動が分散します。


自主防災組織をつくろう

自主防災組織

地域を守るには、組織的に防災活動を行う体制を整えることからはじめます。
このとき大切なのは、住民が自発的に結成するということ。
すでにある自治会(区)の活動の一環として結成するのもよいでしょう。あらたに自主防災組織をつくる場合でも、地元の消防団などと情報を交換し合い協力していくことが重要です。
自主防災は地域のほか、職場や学校などそれぞれの生活時間における組織づくりが求められますが、いずれにおいてもリーダーを立て、編成や指示系統を確立しておきます。


災害弱者へのたすけあい

1.日ごろのコミュニケーションを大切にし、どこにどのような方が住んでいるのかを知っておきましょう。
2.連絡網、役割分担を決めるなど、災害発生に備えて、すぐにかけつけられるような援助体制を整えておきましょう。
3.避難方法や情報伝達は、災害弱者の立場になって考えておきましょう。
4.災害弱者の能力アップのために、避難訓練など防災活動に積極的な参加を促しましょう。
5.安全な環境づくりの手助けをしましょう。


救護活動

1.家具の下敷きの場合
タンスなどは、引き出しごと本体から抜いて軽くし、被災者の負担を和らげ、タンスの裏側は薄いベニアを貼っただけの場合が多いので、そこをノコギリで解体する。
2.ガレキから救出する場合
ハンマーなどで、ガレキを壊しながら、スコップなどで障害物を取り除く。少しでも多くの人たちと力を合わせて取り組む。
3.土砂崩れで生き埋めの場合
まず応援の人を呼び、ブルドーザーなどの建設機械を要請する。スコップなどを使うときは、被災者を傷つけないように注意し、掘り出した土砂の運搬には、毛布を活用する。


災害弱者の誘導方法

お年寄り・病人など
1.援助が必要なときは、何人かで対応する。
2.背負うときはひもなどをかけて、ずり落ちないようにする。

目の不自由な人
1.まず声をかけ、周囲の状況を知らせる。
2.誘導するときは杖を持った方の手を取らずに、相手のひじに軽く触れるか腕を貸し、半歩くらい前をゆっくり歩く。
3.安全な場所へ誘導する際には、階段などの障害物を説明し、「あと何段」など常に状況を口頭で伝える。

耳の不自由な人
1.手話、筆談、身ぶりなど、可能な限りの方法で情報を伝える。筆談や紙やペンがない場合は、相手の手のひらに指先で文字を書く。

肢体の不自由な方
1.いろいろな障害の人がいるので、その人に適した誘導方法を確認する。
2.階段での車椅子の介助には、2人以上が必要。昇るときは前向きに、降りるときは後ろ向きにする。
3.やむをえず単独で背負うときは、おぶいひもなどを通し、救援者は両手の自由がきくようにする。



初期消火活動と避難活動

自主防災組織がその組織力を最大限に発揮するのが、初期消火活動です。
組織としての消火訓練を行うとともに、個人・家庭レベルでの出火防止意識・初期消火の方法を徹底させることも、自主防災組織の大切な役割です。
被災直後の避難は、安全・迅速に行わなければなりません。避難誘導係の指示に従い、まず、お年寄りや障害のある人を優先的に避難させます。
安全に避難するためのポイントは、次のとおりです。

1.避難の前にガスの元栓を閉め、電気のブレーカーを切る。
2.防災ずきんやヘルメットで頭を保護する。
3.荷物は最小限にまとめる(あらかじめ準備しておく)。
4.避難は徒歩で。車やオートバイは使わない。
5.外出中の家族のために避難先のメモを残す。
6.ご近所同士声をかけ合って避難場所へ。
7.子どもやお年寄りの手はしっかり握る。とくに夜間は、はぐれないようにロープにしっかりつかまって歩く。
8.リーダーは警笛の活用など、全体の統一が取りやすい方法で誘導する。
9.避難前・避難所到達後は、人員を確認する。

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市公式サイトについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.