ナビゲーションを飛ばす

網走市ホームページ

豊かなオホーツクに活気みなぎるまち Abashiri City Official Web Site

TOP > 緊急情報・災害情報 > 子どもの救急医療

子どもの救急医療

急な医療が必要なとき

赤ちゃんや子どもの病気やケガは、休日や夜間に関係なくおそってきます。一刻をあらそう場合がないとも限りません。そんな時にあわてず落ちついた対処が赤ちゃんの命を救う結果につながります。応急処置や救急車の呼び方休日に診てくれる病院など、日頃から頭に入れていざという時に備えてください。

すぐに救急病院にかかる必要があるか、家庭でどのような応急処置をすればよいかなどのアドバイスしてくれる北海道小児救急電話相談をご利用ください。

または、24時間年中無休の電話による健康相談「あばしり健康ダイヤル24」をご利用ください(フリーダイヤルですので、通話料・相談料は無料です)。

心臓マッサージ 人口呼吸
乳幼児の場合 心臓マッサージ(乳幼児) 人口呼吸(乳幼児)
乳首と乳首を結んだ線の真ん中より
指1本分下を指2本で押す。
(1分間に100~120回)
口と鼻を口に入れ息を吹き込む。
(3秒に1回)
小児の場合 心臓マッサージ(小児) 人口呼吸(乳幼児・小児)
乳首と乳首を結んだ線の真ん中を
片手で押す。
(1分間に80~100回)
鼻をつまんで口に息を吹き込む。
(4秒に1回)
※どの場合も1回ごとに胸が軽く
 膨らむ程度に吹き込む。
心肺蘇生法(1人で行う)
対象 乳幼児(1才未満) 小児(10才未満)
圧迫速度 1分間に100~120回 1分間に80~100回
圧迫回数 2指で5回 片手で5回
圧迫深さ 1.5~2.5cm 1.5~3.5cm
人口呼吸 1回 1回
お問い合わせ先

消防署では、病気、事故を想定した救急救命講習会を行っています。

網走消防署警防課救急係 電話 43-9414
網走消防署南出張所 電話 43-3016


北海道小児救急電話相談

救急車を呼ぶ前に、救急病院に駆け込む前に、状況に応じて利用を

北海道では、夜間に子どもの急な病気やけが、誤飲等の事故などの際に、専任の看護師や小児科医師から、症状に応じた適切な助言を受けられる小児救急電話相談事業を実施中です。
この電話相談を利用した方の約9割が、適切な助言を受けて救急病院に行かずに済んでいます。

お問い合わせ先

●受付時間 毎日 午後7時~翌朝8時 ※日曜・祝日・年末年始も対応(平成27年12月25日より相談時間を拡大しました)
●電話番号 011-232-1599(いーこきゅうきゅう)
 または、短縮ダイヤル「#8000」(家庭のプッシュ回線、携帯電話から)

※北海道のホームページでもご案内しています。
こちらもあわせてご覧ください。 北海道小児救急電話相談のご案内

呼吸停止や、大ケガなどで明らかに重症と分かるときは、直ちに119番通報してください!


外部リンク

『こどもの救急』日本小児科学会のページへリンクします

(社)日本小児科学会『こどもの救急』へリンクします。
(診療時間外に病院を受診するかどうか、判断の目安を情報提供しているサイトです)

お知らせ

網走市役所 

〒093-8555 北海道網走市南6条東4丁目
電話:0152-44-6111 Fax:0152-43-5404

■網走市ホームページについて
Copyright © 2010 Abashiri City All Rights Reserved.